オーストラリア

オーストラリアのコンセント・変圧器・変換プラグ(Oタイプ)についてまとめ

柴犬くん
柴犬くん
携帯の充電器とかいろいろ持って行くワン!
知恵袋先生
知恵袋先生
日本のコンセントプラグはそのまま使えないので変換プラグが必要です。

いざ、オーストラリアへ際に、日本から持って行くスマホやパソコン、デジカメやビデオ、ヘアドライヤーやアイロンなどなど、様々な電化製品を持って行きます。

「日本のコンセントの挿し口と同じですか?」

という疑問を持つ方も多くいると思いますが、日本のコンセントの挿し口とオーストラリアの挿し口の形は違う上に、電圧も異なります!

この記事ではオーストラリアのコンセント、変換プラグ、変圧器事情について紹介していきます。

・オーストラリアのコンセント、電圧事情について
・変圧器、変換プラグは必要?

オーストラリアの留学、ワーキングホリデーで持って行く持ち物についてはこちらの記事も見てみてください▼▼

【オーストラリア留学、ワーホリの持ち物、服装リスト】絶対に失敗しない持ち物リスト2020年版オーストラリア渡航のために必要な荷物を徹底的にまとめました。留学準備の荷造りのお供にご利用ください。...

留学知恵袋はワーキングホリデーや留学の準備で失敗しないための情報をまとめたポータルサイトです。

留学エージェント(斡旋会社)をLINEでまとめて探すことができます。

いろいろな会社を比較してしっかりと選びましょう!

比較してみる

オーストラリアの電圧

日本にずっと住んでいるとあまり気にならないかもしれませんが、実は国によって電圧の強さが異なります。

日本の電圧は110Vですが、オーストラリアの電圧は220-240Vと日本と比較してなんと2倍も電圧が高いです。

そのため、もし日本の240Vに対応していない電化製品をオーストラリアで使用した場合、故障の原因となります。

(場合によっては火災になることも…)

「自分の持って行きたい電化製品の電圧は大丈夫?」

その際は持って行きたい電化製品の裏面などに記載されている「入力」の値を確認してみましょう。

ここに100-240Vと記載されているものであれば、オーストラリアでも使用することが可能です。

日本製のスマートフォン、タブレット、パソコン、デジカメなどは240Vまで対応しているものがほとんどです。

電源ケーブル途中にある四角い箱のような部分が変圧器の役割を果たしており、そちらへ240V対応と記載されていれば使用することができます。

変換プラグ(コンセント)の形状について

オーストラリアと日本ではコンセントの形状が異なるため、変換アダプターが必要になります。

日本のコンセント形状は=の形をしたA形プラグ、オーストラリアのコンセント形状はハの形をしたO形プラグと呼ばれています。

近所の家電量販店やアマゾンなどから購入が可能です。

現地で購入することも可能ですが、日本よりも高い値段になってしまうため、事前に日本で購入してから行くことをおすすめします。

また、変換プラグは壊れやすく、紛失することも多いため、必要な分プラス2個ほど購入しておきましょう。

おすすめの変換プラグ

ここでは簡単におすすめの変換プラグを紹介していきます。

マルチ変換プラグ

かなりしっかりしているもので一番おすすめなのはこちらのタイプのものです。
値段はそこそこしますが、様々な国の電源に対応しているので末永く使用することができます。


「楽天1位」 海外 マルチ変換プラグ 海外旅行用【忘れ物防止リスト付】世界200ヶ国以上対応 海外マルチプラグ 海外 変換プラグ USB2ポート付 oタイプ cタイプ bfタイプ 海外出張 便利グッズ マルチタイプ 変換アダプタ 電源プラグ コンセント iphone 充電 日本語説明書付き

オーストラリア用変換プラグ

こちらはオーストラリア用の変換プラグです。
値段も198円台とかなりお得なので何個かまとめ買いして持っていけると良いですね。


「tc12」Traveler’s トラベラーズ 海外用変換プラグOタイプ Oプラグ KP4 10点迄メール便OK(ya0a006)【国内不可】

変圧器の購入について

実際にオーストラリア生活のために、日本から変圧器が必要なアイテムを持ち込む必要性は低いことが多いです。

よく変圧器の持ち込みを検討する家電で「ヘアアイロン」や「炊飯器」などが多く挙げられますが、これらは1年以内の滞在であれば、現地で購入した方がコスパが良いことが多いです。

・ヘアアイロン(温度が高いもので日本円2000円程度から)
・炊飯器(質を気にしなければ1500円程度から)
・ドライヤー(風圧が強いもので日本円2000円程度から)

それでもどうしても使い慣れたヘアアイロンを使いたい!美味い米を食べたい!といった人もいます。

そんな人は変圧器を持って行きましょう。

変圧器には「ダウントランス」と「アップトランス」の2種類が存在します。

ダウントランス(降圧変圧器)

日本の電子機器を海外で使用する際に使うのがダウントランス(降圧変圧器)です。

海外で流れている240Vの電圧を、日本の機器で使えるように100Vまで下げる(ダウンさせる)

●電子機器の裏面の表記について

・INPUT:100-120Vと表記
オーストラリアでは変圧器(ダウントランス)が必要です。

・INPUT:100-240Vと表記
100-240Vの表記があれば、変圧器は必要ありません。

ダウントランスの変圧器でおすすめはこちら▼▼

アップトランス

海外の高電圧へ対応している電子機器を日本の電圧で使用するために240Vまで上げる(アップさせる)のがアップトランス(昇圧変圧器)です。

こちらはこれからオーストラリアへ行く際には必要ありませんが、オーストラリアで見つけたかわいい寝室ランプやその他家電などを日本へ持ち帰る際に必要になることがあります。

オーストラリアで日本の電子機器を使用するための変圧器は必ずダウントランス(降圧変圧器)を選びましょう。

まとめ

柴犬くん
柴犬くん
変換プラグを買っていくワン!
知恵袋先生
知恵袋先生
変換プラグは壊れたり無くしたりするからいくつか予備も持って行くと良いですね。

留学・ワーホリにはできるだけ身軽で荷物を減らして行きたいところ。持っていく電化製品の対応電圧を確認し、不必要な荷物を増やさず、現地でトラブルに合わないように事前に準備しましょう。

オーストラリアへ留学、ワーホリの際に必要な準備についてはすべてこちらでまとめて紹介しています▼▼

【オーストラリア留学、ワーホリの準備リスト】失敗しない&節約できる準備マニュアル2020年版オーストラリアへ留学・ワーキングホリデーをする際、日本を出る前に必要な準備、手続きの流れについて、徹底的にまとめました。...