留学準備

【英語力別診断】どんなタイプの留学・ワーホリ生活が一番成功に近いのか

柴犬くん
柴犬くん
オーストラリアへ行きたいけどプランとかどうしたら良いんだワン…
知恵袋先生
知恵袋先生
選択肢が色々あって悩むよね…

オーストラリアへ行きたいけれど、語学学校へ行くべきか悩んでいる、または現地でどんな生活を送ろうか悩んでいる人のために、現状のあなたの英語力別におすすめのプランをまとめました。

実際の留学・ワーホリ経験者の声を元に制作されています。

英語力は同じレベルでも様々なので大体で振り分けています。

それでは早速みていきましょう!

英語力ゼロ

  • 挨拶と日常会話のやり取りができる
  • TOIEC400点以下

中学レベルの英語をなんとか使いこなせるレベルをご想像ください。

このレベルでもオーストラリア生活を満喫している人はたくさんいます。

この場合、英語力が足かせになり選択肢が少なることが大きなデメリットになります。

出稼ぎ&経験重視タイプ

英語は話せないけどコミュニケーションでなんとかするぜ!語学学校へは行かず、現地へ着いてから働きながらライフを楽しむタイプになります。

・年間で100万円以上の貯金を作ることも可能
・費用を掛けず、海外生活を経験できる
・英語が話せない分、伝えるための創意工夫が生まれる

・スキルがない場合、日本人が働いている職場で働くことになる
・貯金はできるが、生活は苦しい
・基本的に時給は最低賃金以下しかもらえない

こんな人におすすめ

・現状お金がないけど、すぐに海外生活したい人
・長期観光のような形で滞在したい人

基本的には海外現地である程度長期的に滞在するのであれば、その国の言語はある程度話せることが望ましいと思われます。

このタイプの人はオーストラリアで作ったお金で途中で語学学校へ通い始めたり、帰国前にフィリピン留学をして英語力を底上げしたりする人が多いです。

しかし、この方法は基本的にオーストラリアへ滞在できる貴重な1年の体験期間を無駄にしてしまうため、あまりおすすめではありません。

あわせて読みたい
帰国前に短期で英語をなんとかする方法オーストラリアから日本へいよいよ帰国する。でも英語力をもう一押し上げたいという人におすすめの記事です。...

英語力ドーピングタイプ

オーストラリアへ行く前にフィリピン留学で最低限の英語力を最速で身に着けてオーストラリアへ来る方法です。

よく留学エージェントへ相談すると「最初の3ヶ月は語学学校へ通いましょう」といったようなアドバイスを受けることがあると思いますが、オーストラリアの語学学校の授業は多人数&英語での進行になるため、「英語力ゼロ」カテゴリーの人はついていくのも本当に大変です。

しかし、フィリピン留学ではマンツーマンで英語漬けになれる上に学費、生活費をすべて合わせてもオーストラリアの語学学校生活よりも費用を抑えられることが特徴です。

・費用が安い
・最速で英語力を上げることができる

・初期費用ががっつり掛かる

こんな人におすすめ

・英語力がゼロに近いけど、なんとかしたい人
・オーストラリア生活で失敗したくない人

フィリピン留学について詳しく知りたい人はこちらもぜひ▼▼

あわせて読みたい
【英語力低い人向け】ワーホリや留学の前にフィリピン留学をした方がオーストラリア生活が充実する理由2019日年版オーストラリアへ留学、ワーホリする前にフィリピン留学をする。2か国留学のメリット、デメリットを正直にお話しします。...

英語力中級

  • 日常会話・仕事でお客様とやり取りができる
  • TOIEC600点~800点

英語でのコミュニケーションに困らないレベルになります。

ある程度英語力があるが故に、様々な選択肢で悩みやすいレベル帯になります。

経験重視、生きた英語を学ぶタイプ

最低限の英語力があるのである程度時給の単価の仕事に就くことができます。

英語を使って最低限の仕事ができるため、お金を稼ぎながら英語力をブラッシュアップできることが大きなメリットになりますね。

・生きた英語を学びながら働くことができる
・年間で100万円以上の貯金を作ることも可能
・費用を掛けず、海外生活を経験できる

・スキルがない場合、ローカルジョブが厳しいケースがある
・話す聞くは伸びるが、次の段階へのレベルアップは難しい

こんな人におすすめ

・現状お金がないけど、すぐに海外生活したい人
・長期観光のような形で滞在したい人

資格獲得狙いタイプ

TOIECやIELTSなど就職やキャリアアップに役に立つ英語系の資格獲得や会計士やマッサージ師など、オーストラリアで働くために必要な資格獲得などの、資格の獲得を目的としたタイプです。

・帰国後の就職に有利になりやすい
・スキルがない人よりも時給単価を上げやすい
・英語系の資格獲得の段階でい英語力が格段に上がる
・アルバイトと両立が可能

・学校へ通う分、それなりの費用が掛かる
・アルバイトと両立した場合、毎日が忙しい

こんな人におすすめ

・スキルがなく時給単価の低い人
・外資系への就職など帰国後の就職を有利にしたい人
・オーストラリアの大学やTAFEへ進学したい人

 

語学学校へ最初に数か月

留学エージェントへ相談すると「最初の3ヶ月は語学学校へ通いましょう」といったようなアドバイスを受けることがあると思いますが、ある程度の英語力の基礎がある場合は有効な手段になります。

・スタート時点で友達を作ることができる
・英語で英語を学ぶため理解促進につながる

・学校へ通う分、それなりの費用が掛かる
・アルバイトと両立した場合、毎日が忙しい
・勉強したものが形として残りにくい

こんな人におすすめ

・ワーホリに若干の不安のある人
・卒業後に英語を使った仕事をしたい人
・英語力ゼロでフィリピン留学をして来た人

英語力ドーピング(中級)

初級にもありましたが、フィリピン留学でブラッシュアップしてからオーストラリアへ来るタイプです。

語学学校へ数か月タイプよりも安いコストで英語力を伸ばすことができることが大きなメリットです。

英語系の資格であればフィリピン留学も資格獲得に特化したコースが豊富です。

・費用が安い
・現状の英語力とやる気次第で上級を目指せる
・資格の獲得も狙える
・時給の単価が高い状態でスタートできる

・渡航前にまとまった費用の用意が必要になる
・オーストラリアへ来てまた友達を探す必要がある

こんな人におすすめ

・ワーホリに若干の不安のある人
・卒業後に英語を使った仕事をしたい人
・英語力ゼロでフィリピン留学をして来た人

英語力上級

  • 大学レベルの英語ができる。
  • TOIEC800点以上

日本人の中では相当英語ができる部類のレベルになります。

このレベルになるとオーストラリア生活の選択肢はかなり広いです。

英語圏で実力を試す

オーストラリアのワーホリの醍醐味である生きた英語を学びながら働く恩恵を一番受けられる選択肢です。

レストランやカフェなどサービス業だけでなく、スキル次第ではオフィスワークなども狙うことも可能です。

・生きた英語を学びながら働くことができる
・年間で200万円以上の貯金を作ることも可能
・費用を
掛けず、海外生活を経験できる

・スキルがない場合、ローカルジョブが厳しいケースがある

こんな人におすすめ

・現状お金がないけど、すぐに海外生活したい人
・英語圏で自分の価値を試したい人

英語で英語以外のことを学ぶ

上級者の人の多くが選ぶ、大学やTAFE(専門学校)へ進学するタイプです。

オーストラリアでは世界基準の教育を受けることができるため、グローバル人材への1歩を踏み出すことができます。

・将来のキャリアに直結する
・海外でレベルの高い仲間に出会うことができる
・オーストラリアの世界基準の教育を受けることができる

・費用がとても高い

こんな人におすすめ

・海外の大学を出て、世界で活躍したい人
・英語圏で自分の実力を試したい人

まとめ

柴犬くん
柴犬くん
英語力によってオーストラリア生活が結構左右されるんだワン…
知恵袋先生
知恵袋先生
日本で日本語が話せない人が快適に過ごしにくいのと同じでその国の言語は話せるに越したことはないよね。

・英語力はあるに越したことはない
・海外生活は費用がそれなりに掛かる

プランについて悩んでいる人やよく分からない人から毎日質問を頂いています。
お気軽に以下のLINEやTwitterから質問してみてください。

LINEで相談してみるTwitterで相談してみる

LINE@で無料相談♪

留学知恵袋は騙されてしまう人を減らし、なるべく自分自身の力で準備できるような情報を紹介しています。

留学経験のあるスタッフがLINEで対応させて頂きますのでお気軽にご連絡ください。

LINE@友達追加