到着後やること

【オーストラリアのタックスリターン】経費計上で損してませんか?経費計上項目2019年版

柴犬くん
柴犬くん
タックスリターンの経費計上って何が経費になるのかよく分からないワン…
知恵袋先生
知恵袋先生
経費計上、日本語でも難しくてよくわかりませんよね。

タックスリターンの経費ってなに?

節税したいのですが…

そういった声や質問はLINE@へもよく届けられます。

この記事ではオーストラリアのタックスリターンの経費計上項目について紹介していきます。

・経費についての基本的な考え方
・職業別の経費計上項目

それでは早速見ていきましょう。

オーストラリアのタックスリターンについての記事はこちらをご覧ください▼▼

【オーストラリアのタックスリターンで損してない?】節税・徹底ガイド2019年版オーストラリアのタックスリターンで損しない方法、節税のコツ、経費について詳しく紹介しています!...

タックスリターンにおける経費の考え方

まず、税金というのは課税される収入に対して発生します。

例えばあなたの収入が10,000円、税率が10%、経費にできる仕事に必要なものを3,000円分購入していた場合、

●経費計上しない場合
【10,000円】から【10%の1,000円(税金)】+【3,000円】引かれる
6,000円(手元に残るお金)

●経費計上した場合
【10,000円】から【経費3000円引いて】+【10%の700円(税金)】引かれる
6,300円(手元に残るお金)

この例えは元々の金額が小さいのでピンときませんが、年の収入が100万円単位になった際は計上できる経費を計上しないと大きく損することがあります。

じゃあ実際に何が経費で良くて何がダメなの?

結論からいうと経費の多くはグレーです。白か黒かどうかの判断は難しいです。

「何が経費になるのか」ではなく「何のための経費なのか」という大義名分が経費計上において大きな要素になります。

このあたりの大義名分に関しては素人が自力で申請せずに、タックスリターンエージェントやプロの税理士へお願いすることをおすすめします。

以下、ワーキングホリデーの職業の一部の経費計上項目について紹介させていただきます。

経費計上項目リストへご協力いただいたEZY TAX ONLINEはスマホでほとんどの手続きを完了させられるのでおすすめです。

※広告ではありません。

参照元:EZY TAX ONLINE

ファーム業務、ピッカー

経費計上できるもの

  • 日焼け止め
  • サングラス
  • 軍手、手袋
  • 帽子
  • ヘルメット
  • 安全靴、滑り止め靴
  • ユニフォームを購入した場合はユニフォーム代
  • ユニフォームの場合は洗濯代
  • 道具
  • フォークリフト免許
  • 同日の二つのファーム間の移動の交通費
    通勤は経費計上不可
  • 文房具
  • オフィスに電話したりする場合の携帯電話代および本体

経費計上できないもの

  • ロゴの入っていない服、ジーパン、Tシャツ
  • レインコート
  • 短期で会社に派遣される場合を除く滞在費、食事代
  • 引っ越し費用
  • バンドエイド
  • 目覚まし時計

マッサージセラピスト、マッサージ師

経費計上できるもの

  • 業界誌、専門書
  • コンピューターなどを使ってパンフレット、チラシ、シフトなどを作る場合はコンピューターやソフトウェア
  • ユニフォームを購入した場合はユニフォーム代
  • ユニフォームの場合は洗濯代
  • お客様の自宅への訪問施術、店舗が二つ以上ある場合はその間の交通費通勤は経費計上不可
  • 関連する学校のコース、セミナーただし、学生ビザを取っているコースは経費計上不可
  • 文房具
  • お客様に使うオイルなどの消耗品
  • お店に連絡を入れたりする場合の携帯電話代および本体
  • メンバーシップ、協会費用

経費計上できないもの

  • 自分で使うワックス、美容用品
  • 自分が行くマッサージサービス
  • ロゴの入っていない服、靴
  • 食事、接待代

メカニック、自動車整備士

経費計上できるもの

  • 工具、パーツ
  • 外で働く場合の日焼け止め、帽子、サングラス
  • コンピューターなどを使って説明書、カルテ、パンフレット、チラシ、シフトなどを作る場合はコンピューターやソフトウェア
  • 安全靴、手袋、オーバーオール、つなぎ、ヘルメット
  • ユニフォームを購入した場合はユニフォーム代
  • 手袋、オーバーオール、ユニフォームの場合は洗濯代
  • お客様の自宅への訪問修理、部品やへのパーツ購入、工場が二つ以上ある場合はその間の交通費
    通勤は経費計上不可(ただし、2,30キロの機材を運ばざる得ない場合は除く)
  • 関連する学校のコース、セミナー
    ただし、学生ビザを取っているコースは経費計上不可
  • 文房具
  • 工場、、部品業者、お客様に連絡を入れたりする場合の携帯電話代および本体
  • 何か調べものをする際のインターネット代
  • ライセンス費用

経費計上できないもの

  • ジーパン、Tシャツ
  • ただの靴
  • ロゴの入っていない服
  • 食事、接待代
  • 立ち仕事のためのマッサージ

風俗嬢、ストリッパー

経費計上できるもの

  • お店のレント、ショバ代
  • 自宅を使う場合は自宅の光熱費とレント
    自宅での行為が法律で認められるかどうかは税金とは別問題
  • 大人のおもちゃ、アダルトグッズ
  • お客様に使うオイル、コンドーム、ティッシュなど消耗品
  • 広告費
  • ステージに上がる用の化粧品
  • コスチューム
  • コンピューターなどを使ってパンフレット、チラシ、シフトなどを作る場合はコンピューターやソフトウェア
  • ホテルや自宅へのデリバリー、店舗が二つ以上ある場合はその間の交通費
    通勤は経費計上不可
  • ダンス教室
  • 文房具
  • お店やお客様に連絡を入れたりする場合の携帯電話代および本体

経費計上できないもの

  • ただの洋服
  • 化粧品
  • 食事、接待代