オーストラリア

シドニー大学学生代表Lingling Zhangさんインタビュー

シドニー大学で学生代表を務める傍ら留学生の学業やキャリアをサポートするInternational Student Workshopという国際学生へのワークショップを開催するなど勉学のみならず多方面への活動へ力を入れているLingling Zhang さん(以下:Lingling)今回は彼女がオーストラリア留学での経験談をお話しいただきます。


プロフィール
中国広東省出身。
シドニー大学教育学部在学中。
同大学で学生代表、文化交流サークル副会長。
今学期は留学生の学業やキャリアをサポートするInternational Student Workshopという国際学生へのワークショップを大学と協力し開催。


留学知恵袋編集部(以下:留学)Linglingさんのご経歴について教えて下さい。

Lingling Zhang (以下:Lingling)私は中国の広東省で生まれ、育ちました。シドニーに来てからすでに3年が経ち、現在シドニー大学で教育学と人文学の勉強をしています。昨年はアラビア語、フランス語とスペイン語の三ヶ国語を勉強し、とても挑戦的でしたがとても楽しかったです!大学では学生代表をしていて、現在は留学生のサポートをする活動を主にしています。今学期はInternational Student Workshopという国際学生へのワークショップを大学と協力し合い開催します。

留学:オーストラリアに留学すると決めた理由はなんですか?

Linglingさん:留学先をオーストラリアに決めた理由は、オーストラリアの教育の名声が良かったからです。そして、他の国と比べて、文化や国籍の多様性が高く、他国から来た人たちを受け入れやすい国なので、自分が成長する機会を取りやすい場所だと思い、オーストラリアへの留学を決断しました。


留学:オーストラリアと中国の教育の違いはなんですか?

Linglingさん:オーストラリアの教育は学生一人一人の個性を伸ばすことに力を入れていると思います。積極的にクラスディスカッションや同級生たちと意見交換の場を設け、自分の意見をちゃんと持ち、他の人たちに伝えることをとても重要視しています。
中国の教育は学問を修めることを重視し、オーストラリアのように学生の個性に注目することはあまりしません。テスト勉強、本を読むことや教科書を暗記することをするのが中国の教育の核心にあるような気がします。

留学:シドニーの他大学ではなく、シドニー大学を選ばれた理由はありますか?

Linglingさん:シドニー大学はオーストラリアで一番歴史が長く、世界的にも有名な大学なので、シドニー大学を選びました。また、シドニー大学の教育学部と人文学部はオーストラリアでランクが一位で、世界中で認知度が高い学部だからです。学業的にも色んなことが学べることができ、そして将来国際的に仕事をする際に自信になります。

留学:シドニー大学の学生代表にされているそうですが、学生代表の選挙に参加された経緯を教えて下さい。

Linglingさん:学生代表になれば、色んなことに挑戦することができ、学べることが多いと感じたからです。自分のコンフォートゾーン(Comfort Zone、または居心地の良い場所)から出るのは誰にとっても難しいことですが、何かを達成したければ、自らから出ることを選択することはとても大切です。なぜなら、それは成長になる力となり、絶対自分への投資になると思うからです。他人との差は、コンフォートゾーンを出れるか否かで決められます。なので、私はコンフォートゾーンを出るために学生代表の選挙に出ました。

留学:学生代表としてどんな活動をされてきましたか?

Linglingさん:学生代表の役目と責任は想像以上に大きいです。いつも責任感を持ち、俯瞰する力や頼り甲斐がある人間であることが必要です。常に学群や教授と交流し、解決しなければいけない問題を素早くかつ適切に解決しなければいけません。そして、大学のクラブやサークルと協力し合い、深い関係性を持ち、クラブやサークルが提供しているサービスやリソースの情報を広めている活動をしています。学生代表として、たくさんの学生のサポートができてとても嬉しいです。

留学:大学でいろいろな言語を勉強されていますが、元々言語に興味があったんですか?

Linglingさん:私は昔から好奇心旺盛で積極的な子供だったと思います。やはり言語に惹きつけられる理由は自国と違う文化について学ぶこと、理解することができるという美しさです。言語を学ぶ時、特にセム語派の言語を学ぶ時、言葉では表現できない電気が走るような感覚になるんです!言語を学ぶことにより、自分の世界が広がり、感動するばかりです。

留学:今まで経験された挫折はありますか?そして、どういう風に乗り越えましたか?

Linglingさん:皆さんと同じように私もたくさん挫折を経験し、数ヶ月ずっと気分が低迷する時もありました。ですが、色んな挫折を経験したことにより、悶々とする気持ちは時間の流れにより消え去り、そして完全に復活できるのはすごく時間が掛かるプロセスだということを学ぶことができました。多くの人は自分の気持ちとお向き合うことを拒み、無視し、無理をして、自分の心を大切にしない場合が多いと感じます。自分を大切にするということは人生で一番難しいことだと思います。心理と体のバランスを取るのはすごく困難で、バランスをちゃんと取れる人はすごく稀だと思います。なので、自分の中でバランスが取れていないと感じたら、私はまず休みます。ちゃんと時間を取り、休んで、考えるようにします。なので、私は挫折を味わったら、自分に厳しくなるのではなく、寛大な心で自分と接するようにします。

留学:Linglingさんの夢を教えてください!
Linglingさん:堅実に努力をして、国際連合で働き、家族、特に父と姉の誇りになれたらと思います。


〜インドネシア現地の小学校で英語を教え、子供達に文具を渡している様子〜

留学:これから留学する人たちへのメッセージをお願いします!
Linglingさん:私のモットーである「毎日を大切に過ごす」ということを若者にお伝えしたいです。今の自分に満足しないことが大切です。私たちが今頑張るのは、より良い明日のためです。