知恵袋

シンガポール英語、シングリッシュってなに?特徴や使い方、表現まとめ

柴犬くん
柴犬くん
英語って国や地域によって訛りがあるワンね。シンガポールはどうなんだワン?
知恵袋先生
知恵袋先生
シンガポールの英語はシングリッシュと呼ばれていてかなり特徴的だよ。

オーストラリアにはオージー訛りの英語があるように、シンガポールの英語も「シングリッシュ」と呼ばれるほど、言い回しやイントネーション、発音が独特です。

これは、シンガポールの文化的背景からマレー語や中国語がミックスされて出来上がった、英語の方言のようなものです。

オーストラリアにもシンガポール英語に近い発音で話す人たちが活躍しています。

この記事ではシングリッシュについて紹介していきます。

帰国前に短期で英語をなんとかする方法オーストラリアから日本へいよいよ帰国する。でも英語力をもう一押し上げたいという人におすすめの記事です。...

シンガポール英語の特徴

シンガポール英語にはいくつか大きな特徴があります。

語尾の「ラ(lah)」や「ロ(loh)」

シンガポール英語を話す人との会話の際に、語尾に「ラ(lah)」や「ロ(loh)」等がついていることがあります。

「Ok, lah(オーケー、ラ)」や「No, lah(ノー、ラ)」というような表現です。

これは中国語の「了」から来ており、「~だよ!」というような強調する表現になります

コミュニケーションをする上ではあまり重要ではないため、そういうものだということを覚えておくくらいで大丈夫です。

短い壊れた英文

「you go where?(どこへ行く?)」
「you buy what?(何を買う)」
「No need!(いらない)」

他にもこういった短文の表現がたくさんありますが、最低限の意味はしっかり伝わりますよね?

母国語が英語ではない人たちが作り出した文化といえるでしょう。

逆に日本人の場合、中高教育の影響から文法を重視してしまいますが、このくらい壊れていても英語は伝わります。

もし英語が得意でない場合はシンガポール英語のスタイルを真似してみると上達が早いかもしれませんね。

語尾の「マ(ma)」や「メ(me)」は、疑問文

You already eat dinner ma?
もう晩御飯食べました?

など語尾に「マ(ma)」や「メ(me)」がつくことがあります。

普通の文章に「マ(ma)」や「メ(me)」をつけるだけで疑問文になってしまう便利な言葉です。

過去や現在、未来についても雰囲気で察するような使い方をしています。

便利な言葉「Can」

恐らくシンガポール英語で1番多用されているのは英語の助動詞「can」です。

なにか質問をする、そしてその質問に対して回答する際など多くのいろんな場面で、「can」を使います。

canの否定形can notはシングリッシュでは「キャノー」と発音されることが多いです。

A:Drive me to the airport,can?
空港まで送ってくれませんか?
B:Can! Can!
もちろんですとも

知恵袋先生
知恵袋先生
シンガポール英語についてなんとなく分かった?
柴犬くん
柴犬くん
キャンキャン!

よく使われるシンガポール英語

Wah Lau Eh(ワーラオエー)

最もよく使われているといわれているシングリッシュです。英語で言う「Oh my god!」のような驚きを表す表現です。

Whatever lor / Anything lor

「なんでもいいよー」といったような使われ方をします。「Lor(ラー)」っていうのは、日本語で言う「ね」「よ」みたいな、文末につくカジュアルな感じの印象を与える言葉になります。

Bo Jio(ボジョ)

「言ってよー」といったような使われ方をします。元々は中国語が語源のようですが、シンガポールでしか通じません。

Siao(シャオ)

「WTF」{くそが!!」といったような使われ方をします。Siaoというのは「狂ってる」という意味だそうです。「ワーラオエー」よりももっと汚い言葉でSiao Liao(シャオリャオ)という表現でよく使われます。

No Link

「関係なくね」といったような何かと何かがLinkしてないときに使われる表現だそうです。

Liddat(ライダット)

シンガポーリアンが「like that」をメッセンジャーで短縮して打つ時によく使う表現。「Why liddat!?」というような形で使われます。

Last warning

最後の忠告のようなニュアンスの意味です。シンガポーリアンは「(これ以上ふざけていると)怒るぞ。」という意味で使います。なるべくこの言葉を聞くシチュエーションにはなりたくないですね。

まとめ

柴犬くん
柴犬くん
結構適当な感じで使われているワンね!
知恵袋先生
知恵袋先生
言語はコミュニケーションツールに過ぎないからシンガポール英語みたいにもっと気軽に英語を話してみると世界が広がるかもマ?
帰国前に短期で英語をなんとかする方法オーストラリアから日本へいよいよ帰国する。でも英語力をもう一押し上げたいという人におすすめの記事です。...