留学準備

オーストラリア留学orワーホリを自分で手配するメリットとデメリット

柴犬くん
柴犬くん
オーストラリアへの留学、ワーホリの準備を自分で手配したいワン!
知恵袋先生
知恵袋先生
素晴らしい心意気だね!留学知恵袋では自分で手配することを推奨しているけどリスクもあるからきちんと理解した上で挑戦してみよう!

留学&ワーホリで英語を伸ばしたい!今後のキャリアにつなげたい!

でもオーストラリアへ行くためには結構お金がかかります。

なるべく費用を抑えたいから留学エージェントにお願いしないで自分で調べて手配してみよう!

といった形で自分で準備、手配する人が多くいます。

この記事では自分で手配することの素晴らしさとリスクに関して紹介していきます。

【オーストラリア留学、ワーホリの準備リスト】失敗しない&節約できる準備マニュアル2019年版オーストラリアへ留学・ワーキングホリデーをする際、日本を出る前に必要な準備、手続きの流れについて、徹底的にまとめました。2018年版の最新情報で更新しています。...

自分で手配するメリットデメリット

自分で留学&ワーホリを手配するメリットデメリットはこんな感じです。

・費用が抑えられる

・自分に力がつく「百聞は一見にしかず」

・留学、ワーホリがより自分ごとになる。受け身の留学ではない。

・ビザの申請のリスク

・学校への申し込み

・トラブルが起きてもすべて自分で対応

・手続きにかかる時間やエネルギーの負担が重い

自分で手配するメリット

留学、ワーホリがより自分ごとになる。

留学&ワーホリをする目的はなんですか?理由や目的は人それぞれだと思いますが、共通して言えることは、「今の自分や環境を変えるため」だと思います。

それは「英語力「内面的な部分」「海外への挑戦」と色々あると思いますが、「今の自分や環境を変えるため」には努力と行動が必要になります。

オーストラリアへ来てあまりうまく行かなかったという話は少なくありません。

そういう人たちは「オーストラリアは楽しいよ~」「憧れの海外生活!」というキラキラした表向きの情報のみを見て「行ってみたらなんとかなるだろう」と「準備や手配は留学エージェントさんお願いします」といったような「受け身で留学」している場合が多いです。

もちろん、「行ってみたらなんとかなるだろう」はとても大切な考え方で、その考え方ができずに日本から一歩を踏み出せない人たちも大勢います。

問題なのは留学のプロに手配を任せることで「他人事」にしてしまい、何かあった時の責任を留学エージェントに押し付けてしまうことです。

成功させるためには「自分ごと」にしてしまうことが一番大切です。そのため、留学知恵袋ではオーストラリア留学&ワーホリを自分で手配することを応援しています。

「百聞は一見にしかず」という言葉がありますが、人から教え聞いたものより、自分で調べて手に入れたものの方が100倍身になります。

オーストラリアに関する知識も事前段階で段違いで身に着くため、着いた後のギャップに悩まされる可能性も減ります。もし何かトラブルがあったとき、自分で対応できるため自身の大きな成長に繋がります。

留学&ワーホリを自分で手配すると「大切な留学を自分ごとにしやすい」ことに繋がります。

費用が節約できる

自分で留学&ワーホリを手配する際にもうひとつ大切な要素になってくる「費用が抑えられること。」

留学エージェントへ支払う手数料などが掛からない点や、自分で調べるとより安い選択肢を見つけることができる点など、誰かに費用を支払う必要がないので安く手配することができます。

しかし、安く手配するためにはそれなりに自分でしっかり調べたり、英語で調べることも必要になります。そのため、自分の事前準備力次第では、意外と高くついてしまうこともあります。

留学知恵袋の事前準備記事で紹介している方法を実践していただければかなり費用は抑えられるので自分で手配する際は参考にしてみてください。

【オーストラリア留学、ワーホリの準備リスト】失敗しない&節約できる準備マニュアル2019年版オーストラリアへ留学・ワーキングホリデーをする際、日本を出る前に必要な準備、手続きの流れについて、徹底的にまとめました。2018年版の最新情報で更新しています。...

しかし、オーストラリアで語学学校へ行くことが決まっている場合、留学エージェントへお願いした方が結果的に費用が抑えられるケースがあります。

手数料無料の留学エージェントというものが存在し、彼らは語学学校を紹介することで語学学校からコミッションをもらいます。そのため、無料で相談へ乗ってもらいながら、様々な事前手配のサポートをしてもらうことができます。

留学エージェントの選び方はこちら▼▼

現在執筆中

自分で手配するデメリット

オーストラリア留学&ワーホリで「自分で手配することが成功への近道である」という紹介をさせて頂きました。

しかし、「自分で手配する」ことにはリスクがあるということも理解した上で挑戦しましょう。

早速デメリット・リスクを紹介していきます。

ビザ申請のリスク

ビザを自分で申請したみたものの、申請が通らなかった。連絡が何もない。

自分でビザ申請をする際に実際によくある話です。

ビザ(査証)がない限り、オーストラリアへ入国することができません。

英語のエッセイが不十分だった、メールアドレスが国外から受け取れないものだった、設問への回答が不適切だった、追加で書類を求められたが英語が分からず不適切な対応をしたなど、考えられる原因は様々ですが実際に降りないということはあります。

留学エージェントを利用することで申請に対する精度を上げることはできますが、利用したからと言って、必ずビザを取得できるわけではありません。

オーストラリアの移民・難民問題が複雑化する中、ビザ取得は年々、その審査や制度が厳しくなっています。

審査結果はオーストラリアの移民局の判断に基づくため、誰も確約・保証することができません。

ワーキングホリデービザは取得難易度はまだ低いですが、学生ビザの場合、なぜオーストラリアで学ぶ必要があるのかを英語で記述する必要があるため、留学エージェントへお願いすることをお勧めします。

http://ryugaku-chiebukuro.com/prepare/workingholidayvisa/

学校への申し込み

もちろん、語学学校を始めとした教育機関へ自分で申し込むことは可能です。

インターネットが普及していなかった時代は語学学校の情報を得る手段が少なかったため留学エージェントから情報を取得するほかありませんでしたが、現代ではインターネットで大体の情報を手にすることができます。

しかし、実際に留学生が申し込んだ場合、実際に母国語ではない低い英語力で意思疎通が難しい、間違いや不備だらけの出願書類が来る、など手続きを進めていく教育機関側の負担が意外とあります。

そのため、留学エージェントは日本だけでなく中国、韓国など各国それぞれに存在しています。

教育機関の代わりに、経験も英語力もある留学カウンセラーやコーディネーターが、不備のない出願書類を作成し、もれなく手続きを行い、これから入学する生徒に対し、学校の概要やオリエンテーションの手配を行ってくれることは教育機関側にもメリットがあるのです。

トラブルが起きてもすべて自分で対応

こちらが成長するための一番のポイントでもありますが、自分ですべて手配した場合、万が一のトラブルの対応もすべて自分で行わなければなりません。

留学先で起きるトラブルは様々あり、ビザが出ない、盗難、家や仕事など生活のトラブルなどよくあることから、通っている語学学校や働き先が倒産、病気や交通事故にあってしまうなど大きなトラブルの可能性も否定できません。

手続きにかかる時間やエネルギーの負担が重い

留学&ワーホリの手続きをすべて自分で行うことで成長は見込めますが、その分、それなりの労力と時間を準備に割くことになります。

留学エージェントなどにお願いすることでその時間を英語の勉強や、留学資金を稼ぐために使うのもひとつの手かもしれません。

自分で手配はしないほうがいいの?

ここまでメリットとデメリットを並べると自分で手配しない方が良いんじゃないかと思われてしまうかもしれませんが、決してそうではありません。

留学知恵袋でなぜ、自分で手配することを推奨しているのかというと

・留学やワーホリが自分ごとになる

・オーストラリアに関する知識が事前に身に着く

・費用を節約しやすい

という3つの理由からおすすめしています。

そのため、留学知恵袋では必要な情報を留学経験者や留学コンサルタントの意見を集めて発信しています。

しかし、未知のトラブルに対してある程度のリスクを軽減させることは必要です。

柴犬くん
柴犬くん
じゃあ一体どうしたら良いワン…
知恵袋先生
知恵袋先生
一番おすすめなのは一部をプロにお願いして、他のことを自分で手配する方法だね!

・語学学校へ行く場合

語学学校への申し込みやビザ申請だけ留学エージェントへお願いして他の手続きは自分でやる、または自分で最低限内容を把握するようにしましょう。

・語学学校へ行かない場合

語学学校へ行かない場合、無料で留学エージェントのサポートを受けることは難しいです。自分で徹底的に調べるか、以下のサービスを使ってリスクを軽減させましょう。

http://ryugaku-chiebukuro.com/prepare/support/

まとめ

柴犬くん
柴犬くん
大事な部分はプロにお願いして、他のことは自分で挑戦してみるワン!

・自分で手配する場合、デメリットも理解した上で進めましょう。

・プロにお願いする場合は他人任せにせず、自分でも考えて色々お願いしましょう。

結局、留学やワーホリが成功するかしないかはあなた次第です。

自分で手配するか、プロに任せるか、適切な判断をして有意義なオーストラリア生活を送りましょう。

【オーストラリア留学、ワーホリの準備リスト】失敗しない&節約できる準備マニュアル2019年版オーストラリアへ留学・ワーキングホリデーをする際、日本を出る前に必要な準備、手続きの流れについて、徹底的にまとめました。2018年版の最新情報で更新しています。...