知恵袋

オーストラリアの各都市の気候・気温は?現地の服装ガイド2019年版

柴犬くん
柴犬くん
日本とは季節が逆のオーストラリアに、どんな服を持って行けばいいかわからないワン!
知恵袋先生
知恵袋先生
南半球と一言で言っても、広大なオーストラリアはエリアや都市ごとに気候が異なるんです。

オーストラリア留学の荷造りで気になることといえば、夏〜冬までどの季節用の衣類をどれだけ持っていけばいいかということではないでしょうか。

持っていく服の種類を考えるには、現地の気候をチェックするのが一番です。

オーストラリアの場合、暑いイメージの国ですが常夏ではなく、エリアによって冬はコートやダウンジャケットが必要になることも。

そこで、シドニー、キャンベラ、メルボルン、アデレード、ホバート、パース、ケアンズ、ブリスベン、ゴールドコースト、ダーウィンなどオーストラリア各都市の年間の気温や気候適した服装を紹介します。

・オーストラリア各都市の平均気温や気候
・現地の気候・気象情報の調べ方
・気温ごとに適した服装

無駄なく荷造りをするためには、留学先の都市だけでなく滞在する季節に合わせた服選びがポイントです。

オーストラリア各都市の年間平均気温

南半球に位置するオーストラリアでは、北が寒く南が暖かい日本と逆で、赤道に近い北が暖かく、南極に近い南が寒い傾向にあります。

沖縄でも冬は寒く北海道でも夏は暑いように、オーストラリアにも各都市に四季があります。

オーストラリアの四季
9〜11月
12〜2月
3〜5月
6〜8月

 

以下、温帯、亜熱帯、熱帯、熱帯雨林というエリアごとにで、オーストラリア各都市の年間平均気温をチェックしていきます。

温帯性気候のエリア

シドニー、キャンベラ、メルボルン、アデレード、ホバート、パースといったオーストラリア南部の都市は、日本の本州と同じ温帯性気候に属するエリアです。

ただしオーストラリアの南部では日本の大部分のエリアと比べて湿度が低くサラッとしていることから、気候の割に涼しく感じられる傾向があります。

シドニーなどの沿岸の都市部では1年を通じて気温の寒暖差が小さく、過ごしやすい環境といえます。

ただし温帯性気候でも冬はコートが必要です。

内陸部は夏と冬の寒暖の差が激しく、キャンベラなどは冬に気温がマイナスまで下がります。

シドニーやメルボルンでは夏は40度に達する日もあり、温暖化で平均気温は年々上昇しています。

各都市の、年間を通じた最高気温(赤字)と最低気温(青字)の平均は以下の通りです。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
シドニー 28.4 28.1 26.6 23.9 20.8 18.3 17.6 19.5 22.5 24.3 25.3 27.4
19.3 19.4 17.8 14.3 11.2 8.9 7.8 8.7 11.6 13.7 15.8 17.9
キャンベラ 28.0 27.1 24.5 20.0 15.6 12.3 11.4 13.0 16.2 19.4 22.7 26.1
13.2   13.1 10.7 6.7 3.2 1.0 -0.1 1.0 3.2 6.1 8.8 11.4
メルボルン 25.9 25.8 23.9 20.3 16.7 14.1 13.5 15.0 17.3 19.7 22.0 24.2
14.3 14.6 13.3 10.8 8.7 6.9 6.0 6.7 8.0 9.6 11.2 13.0
アデレード 29.4 29.4 26.4 22.7 19.0 16.1 15.3 16.7 19.1 22.0 25.3 27.1
17.2 17.3 15.3 12.5 10.3 8.2 7.5 8.2 9.8 11.5 14.0 15.6
ホバート 23.1 22.2 20.7 17.0 13.9 11.4 10.5 12.2 14.9 17.4 19.4 21.9
11.5 11.7 10.3 8.3 6.3 4.3 3.1 4.5 6.0 7.3 9.1 10.9
パース 31.1 31.7 29.7 25.9 22.4 19.3 18.4 19.1 20.3 23.3 26.5 29.1
18.1 18.3 16.6 13.8 10.6 8.5 7.6 8.3 9.6 11.4 14.3 16.3

 

亜熱帯性気候のエリア

ブリスベンゴールドコーストなど、オーストラリア中部・東海岸の都市は亜熱帯性気候のエリアで、年間300日が晴天という恵まれた土地です。

沖縄のような亜熱帯性気候は、冬でも10度以上をキープすることが多く、1年を通じて比較的温暖で過ごしやすいのが特徴です。

冬場は厚手のジャケット程度の上着があれば問題ありません。

また、オーストラリアの亜熱帯性気候の都市では、夏に豪雨や台風に見舞われることがあります。

亜熱帯性気候エリアの主要都市の、年間を通じた最高気温(赤字)と最低気温(青字)の平均は以下の通りです。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ブリスベン 30.2 29.9 28.9 27.1 24.4 21.9 21.9 23.2 25.7 27.1 28.0 29.4
21.4 21.3 19.9 17.3 13.5 11.7 10.1 10.6 13.7 16.3 18.7 20.4
ゴールドコースト 28.6 28.5 27.7 25.7 23.4 21.3 21.1 21.8 23.8 25.2 26.6 27.7
21.8 21.8 20.7 18.3 15.3 13.1 12.0 12.4 14.8 16.9 18.9 20.4

 

熱帯性気候の都市

QLD州、ノーザンテリトリー(NT)、西オーストラリア(WA)州の北側の大部分は、熱帯性気候のエリアです。

留学や観光で有名な都市ではケアンズが、この熱帯エリアに含まれます。

他には、オーストラリアの観光スポットとして名高いアリススプリングス(ウルル)やテナントクリークなども。

温暖な冬(乾季)と湿潤で暑い夏(雨季)が特徴で、春の終わりの11月から秋の始まりの4月頃にかけてはモンスーンの影響で雨が多くなります。

熱帯性気候エリアのケアンズの、年間を通じた最高気温(赤字)と最低気温(青字)の平均は以下の通りです。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ケアンズ 31.4 31.2 30.6 29.2 27.6 26.0 25.7 26.6 28.1 29.5 30.6 31.4
23.7 23.8 23.1 21.6 19.9 17.8 17.1 17.4 18.7 20.6 22.3 23.4

 

熱帯雨林気候のエリア

NTのダーウィンなど、オーストラリア最北端の一部のエリアは熱帯雨林気候です。

ダーウィンはインドネシアやパプアニューギニアなど赤道直下の国に近く、年間の気候は雨季と乾季に分かれています。

11〜4月の雨季はモンスーン(台風)の影響で雨が多く(1月が降雨量最大)、湿度が高くなります。

5〜10月の乾季は、昼間は暖かく、夜は涼しく過ごしやすい時期です。

冬場も日中は30度前後になる日があり、オーストラリアで最も暑いエリアといえるでしょう。

熱帯雨林気候エリアのダーウィンの、年間を通じた最高気温(赤字)と最低気温(青字)の平均は以下の通りです。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ダーウィン 31.8 31.4 31.9 32.7 32.0 30.6 30.5 31.4 32.6 33.2 33.3 32.6
24.8 24.7 24.5 24.0 22.1 19.9 19.3 20.4 23.0 24.9 25.3 25.3

 

オーストラリアの天気・気候を調べる方法

渡航当日などの天気や気温を知りたい場合は、グーグル検索で「シドニー 天気」などのキーワードで調べるとその日の気候をすぐに知ることができます。

また、iPhoneなどのスマートフォンにデフォルトでセットされている気象情報アプリには海外の都市も設定できるため、留学先の都市名を入力しておけばいつでも見られます。

オーストラリア各都市の気温を比較したい場合は、日本気象協会が提供する「世界天気」(https://tenki.jp/world/9/temp.html)のページが便利です。

気温別の服装ガイド

「○度の時に何を着たらいい?」と悩む人のために、留学生のA君、Bさんの、日中の気温に応じた最適な服装の例を紹介します。

湿度や個人の体感による違いもあるため、あくまで参考としてご覧ください。

30〜35度以上

真夏の暑さにぴったりの格好をして、足元はサンダルが最適。

ただし、強い紫外線をカットする帽子やサングラスを必ず携帯し、熱中症を避けてください。

A君:ノースリーブシャツ、ハーフパンツ

Bさん:薄手のワンピース

25〜30度

オーストラリアは比較的湿度が低く、夏場も日陰に入るとひんやりすることがあります。

また、オーストラリアの建物や電車内はクーラーが強いため、ストールやカーディガンを持ち歩くのが正解です。

A君:半袖Tシャツ、ハーフパンツや10分丈パンツ

Bさん:半袖トップス、スカートやショートパンツ

20〜25度

春の終わりから夏、夏の終わりから秋にかけては、日中と夜の気温差に要注意。

こまめに脱ぎ着して調節できる格好がベストです。

A君:パーカー、半袖Tシャツ、8分丈や10分丈パンツ

Bさん:半袖ワンピース、カーディガンやジャケット

15〜20度

少し肌寒さも感じられる春や秋は羽織物で体感温度を調節し、風邪などには十分注意してください。

A君:長袖シャツ、パーカーやジャケット、10分丈パンツ

Bさん:長袖シャツ、パーカーやジャケット、スカートとレギンス

10〜15度

日中の最高気温がこれくらいなら、コートが必要です。

かさばる荷物ですが、圧縮できるダウンジャケットなどを日本から一着持参すると便利です。

A君:長袖シャツ、セーター、10分丈パンツ、コート

Bさん:長袖シャツ、長袖ワンピース、カーディガン、タイツ、コート

10度以下

10度を下回る日があるようなら、ヒートテックのような防寒肌着が心強い味方。

荷物に入れても邪魔にならないので、2〜3枚あると安心です。

マフラーなどの巻き物も必要な寒さです。

A君:防寒肌着、長袖シャツ、セーター、10分丈パンツ、ダウンジャケット

Bさん:防寒肌着、長袖シャツ、カーディガン、10分丈パンツ、コート

まとめ

柴犬くん
柴犬くん
同じオーストラリアでも、エリアによって必要な服が違うワン!
知恵袋先生
知恵袋先生
メインで滞在する都市の気候に合わせた服を持っていくと良いですね。

広大なオーストラリアでは都市ごとに天気や気温が全く異なります。

着回しの効く服や洗って乾きやすい服を持参することで、限られた荷物でもオーストラリアでの留学生活を快適に過ごすことができそうです。

オーストラリアの大都市ならユニクロやH&Mなどのファストファッション店も揃っているため、もしもの時は気軽に買い足せます。

ラウンド(オーストラリア各都市を回る旅行)をする予定がある人は、それぞれの都市の気候もチェックしておきましょう。

・気候、気温は留学先の都市ごとにチェック!

・オーストラリア留学は着回しできる服が便利!