到着後やること

オーストラリアの住所の書き方と郵便局・ポストオフィス徹底ガイド2018年版

柴犬くん
柴犬くん
オーストラリアの住所の書き方ってどうしたらいいワン?手紙を送らないといけないワン。
知恵袋先生
知恵袋先生
オーストラリアの郵便局(POST OFFICE)を使えばとても便利に送ることができますよ!住所の書き方と合わせて紹介しますね。

オーストラリアに滞在しているとどこかへ郵便を送ったり、履歴書(レジュメ)の記入したりと、何かの申請へオーストラリアの滞在先の住所を記入する必要が出てきます。

  • オーストラリア国内の郵便局(ポストオフィス)について
  • オーストラリアの住所の書き方のルール

日本からオーストラリアへ荷物を送りたい人はこちらもチェック▼▼

あわせて読みたい
日本からオーストラリアへ荷物を発送する方法2019年版日本から追加の荷物をオーストラリアへ送りたい。この記事では日本からオーストラリアへ荷物を発送する方法を紹介しています。...

それでは早速見てきましょう。

オーストラリアの郵便サービス

オーストラリアで郵便を送る際に利用するサービスは、大きく分けて2種類。

オーストラリア国営の「Australia POST」と、民間の運送会社「FEDEX」「UPS」「DHL」(日本で言うクロネコや佐川急便)になります。

オーストラリアの郵便局(Australia POST)

「Australia POST」が運営している郵便局は「ポストオフィスPOST OFFICE」と呼ばれています。

日本では郵便物を送る際に封筒に入れて持って行きますが、オーストラリアでは送る郵便物だけ持って行けばレターセット、ハガキ、箱、パッキング材、包装紙など必要なものはすべて郵便局内で揃います。

また、郵便局の窓口では、電話、電気など公共料金の支払いや車の罰金の支払いまで行うことができます。

ポストオフィスは大体どこにもありますが、Googleなどで検索をすれば最寄りのポストオフィスが一発で見つかります。

ポストオフィスによって営業時間、営業日が若干異なるため注意しましょう。

オーストラリアの郵便ポスト

オーストラリアの街角の郵便ポストは赤と黄色の2種類あり、赤いポストは国内普通郵便、又は国際普通郵便に利用し、黄色いポストは翌日配達郵便(Express Post)用です。その為、一般の郵便物は全て赤いポストに投函します。

Express Postは、郵便局で販売されている専用の封筒を利用する必要があります。この封筒はいくつかのサイズが用意され、速達で届けたい荷物の大きさによって、封筒を購入します。翌日配達便は夕方6時までに投函すれば、翌日(月~金曜日)に配達してくれます。

民間の郵便サービス

短期間の留学やワーホリでは「Australia POST」のサービスで十分ですが、オーストラリアにも日本のクロネコヤマトや佐川急便のような会社が存在します。

興味のある人は見てみてください。

会社名 WEBサイト
FEDEX http://www.fedex.com/au/
DHL http://www.dhl.com.au/
UPS http://www.ups.com/content/au/en/index.jsx

オーストラリアの住所を書く

次は、様々な手続きで必要になる「オーストラリアの住所の書き方」について紹介していきます。

日本の住所を英語で書く必要がある人はこちらの記事で書き方を紹介しています▼▼

あわせて読みたい
【保存版】日本の住所(宛先)を英語で書く方法まとめ日本の住所を英語で書くときにどういったことに気を付けたらいい?日本の住所の英語での記載方法を紹介しています。...

オーストラリアの住所の書き方

オーストラリアの住所は以下の要素で構成されています。

シドニーにある日本領事館の住所を例に見てみましょう。

Level 12, 1 O’Connell Street Sydney NSW 2000 Australia

1.ユニット番号・階数      :Level 12
2.ストリート番号・ストリート名 :1 O’Connell Street
3.サバーブ           :Sydney
4.州              :NSW
5.ポストコード         :2000
6.国名             :Australia

普通のマンションやアパートの場合は各部屋にユニット番号が振り分けれているため、階数の記入は必要ありません。

105号室に住んでいる場合

Unit 105, 1 O’Connell Street Sydney NSW 2000 Australia

1.ユニット番号・階数      :Unit 105
2.ストリート番号・ストリート名 :1 O’Connell Street
3.サバーブ           :Sydney
4.州              :NSW
5.ポストコード         :2000
6.国名             :Australia

・「,」コンマをそれぞれの間に入れる

・ポストコードは郵便番号のこと。こちらからポストコードを調べられます。
(http://auspost.com.au/postcode)

・一軒家の場合はUnitなどはなくストリート番号から始まります。

・州は短縮した略称を使う

・オフィスやお店はSuiteやShopを使う

州は略称を使う

正式名称を書いても間違いではありませんが、一般的には略称が使われます。

日本語表記 英語表記 略称
ニューサウスウェールズ州 New South Wales NSW
ビクトリア州 Victoria VIC
クイーンズランド州 Queensland QLD
オーストラリア首都特別地域 Australian Capital Territory ACT
南オーストラリア州 South Australia SA
西オーストラリア州 Western Australia WA
タスマニア州 Tasmania TAS
ノーザンテリトリー(北部準州) Northern Territory NT

オフィスやお店はSuiteやShopを使う

オフィスやお店の場合はUnitではなく、以下の表現を使います。

・アパートの部屋など:Unit 
・オフィスや事務所 :Suite 
・お店やレストラン :Shop 

これらの基本的なルールを抑えればオーストラリアの住所は完璧です。

まとめ

柴犬くん
柴犬くん
なんとなく住所の書き方が分かったワン。ポストオフィスに行って郵便を出してみるワン!
知恵袋先生
知恵袋先生
必要な情報がしっかり書いてあれば届くし伝わります。難しく考えずに気軽に郵便を出してみましょう!

オーストラリアから日本へ荷物を送りたい人はこちらの記事がおすすめです▼▼

あわせて読みたい
オーストラリアから日本へ荷物を送る方法2019年版帰国の際にオーストラリアから日本へ荷物を発送する方法をまとめました。スーツケースに入りきらない荷物は日本へ発送しましょう。...
LINE@で無料相談♪

留学知恵袋は騙されてしまう人を減らし、なるべく自分自身の力で準備できるような情報を紹介しています。

留学経験のあるスタッフがLINEで対応させて頂きますのでお気軽にご連絡ください。

LINE@友達追加