オーストラリア

オーストラリアのクリスマスの楽しみ方・真夏のサンタや文化習慣などまとめ2018年版

柴犬くん
柴犬くん
英語の教科書で真夏のビーチで浮き輪に浮いてるサンタクロースを見たんだけど、実際に見てみたいワン!
知恵袋先生
知恵袋先生
オーストラリアと言えば真夏のサンタのイメージがある人も多いですよね。

オーストラリアは南半球へ位置しており、北半球にある日本とは四季が真逆です。

そのため、オーストラリアのクリスマスは真夏に訪れるため、文化や習慣、楽しみ方が変わってきます。

この記事ではオーストラリア式のクリスマスの楽しみ方やイベントスポット、ビーチにいるサンタを見れるスポットなどを紹介していきます。

・オーストラリア式のクリスマスの楽しみ方
・オーストラリアのクリスマス文化や習慣
・各都市のクリスマスイベント紹介

それでは早速見ていきましょう。

クリスマスの過ごし方

まずは、オーストラリアの人々のクリスマスの過ごし方の違いを見ていきましょう。

日本では寒い真冬に恋人と寄り添う…、彼氏、彼女がいない人はバイトに明け暮れる、友達と傷を舐め合う…といったカップル色の強いイベントですよね。

オーストラリアではそういった傾向はほとんどなく、日本のお正月のような位置づけで催されます。

クリスマスもイブの24日よりも25日がメインイベントとして重要視されています。

家族と過ごす

日本のお正月と同じように昼間から親戚、家族と集まりクリスマスを祝います。

クリスマスプレゼントが日本のお年玉のような形で使われており、サンタクロースからだけでなく、親や親戚からそれぞれ貰うことができます。

プレゼントがクリスマスツリーの下に積み上げられている様子は何かの写真で見たことあるかもしれませんが、あのような感じで25日の朝にみんなで開封します。

家族揃って、たくさんのプレゼントを開封して美味しいごはんを食べるとても楽しいイベントとなります。

若者はビーチへ大集合する


出典:https://wearegc.com.au/event/christmas-in-paradise/

家族で過ごすイベントではありますが、オーストラリアの若者は友達と複数人のグループでビーチへ繰り出します。

各ビーチに数万人規模の人が集まり、ビーチでイベントを楽しんだり、のんびりバーベキューを楽しんだりします。

近年は規制が厳しくなり、ビーチでの飲酒は禁止され、多くの警察官がパトロールへ回っています。

それでも依然大人気の過ごし方なので、ワーホリや留学で訪れている人でクリスマスの過ごし方に迷ったら、とりあえずビーチを攻めておけば間違いないです。

大手スーパーなどはすべてクローズする

クリスマスの日はほとんどの会社、サービス業、大手スーパーマーケットがクローズします。

お酒なども当日購入ができないので、クリスマスパーティー用の買い物は事前に済ませておく必要があります。

食べ物もファーストフードやアジア料理以外、手に入れにくくなるので注意が必要です。

クリスマス文化の違い

次はクリスマス文化の違いや特徴についてみていきましょう。

クリスマスツリーの装飾デザインがシンプル

オーストラリアのクリスマスツリーは日本のように装飾に凝っておらず、シンプルな青と白にまとまっていることが多いです。

白といってもツリーに雪が積もっている装飾など、冬を連想させる表現はあまり用いられません。

真夏のクリスマスのため、寒色系の色が好まれる傾向があります。

サンタがサーフィンしてる

世界には真夏にクリスマスを迎える国もたくさんあります。

真夏のクリスマスのため、日本のイメージとは大きく異なり海×サンタの組み合わせをよく目にします。

この光景を見たい方はこの記事の後半のおすすめイベントスポットをご覧ください。

日本の初売りのようなセールは12月26日

オーストラリアにはBoxing Day(ボクシングデー)という祝日があります。

この日はオーストラリア各地でBoxing Day Sale(ボクシングデーセール)という日本でいう初売りのようなセールが行われ、オーストラリア人はこの日を楽しみにしています。

日本と同様に、婦人服売り場での争奪戦や夜中から列に並び開店を待つ人々もいます。

Boxing Day(ボクシングデー)の由来

名前の由来の起源は様々あるため、正しい起源はわかりませんが、イギリスではクリスマスプレゼントのことを「クリスマスボックス」と呼んでいました。

もともと12月26日は奴隷たちの祝日でマスターからクリスマスボックスを貰えることからボクシングデーと呼ばれるようになったそうです。

引用サイト:https://www.thespruce.com/what-is-boxing-day-435060

デパートやモールに殺到する買い物客のニュースが毎年この時期の風物詩となっています。

アグのブーツなど、人気商品が安く手に入る可能性が高いので、その時期にオーストラリアへいる場合は是非行ってみましょう。

オーストラリアには真冬の7月にもクリスマスがある

オーストラリアには「Christmas in July」(7月のクリスマス)という文化があります。

真夏のクリスマスを過ごしてきたオーストラリア人たちは真冬のクリスマスにとても憧れを持っていました。

そういった憧れから、1980年頃からオーストラリアの真冬である7月に行われる「Christmas in July」(7月のクリスマス)というイベントが誕生しました。

12月のクリスマスに比べるとカジュアルで、友達とクリスマスパーティーを楽しんだり、真夏に食べるには少し重たいローストターキーなどを楽しんだりします。

1年に2回クリスマスがあるのもオーストラリアの醍醐味ですね!

12月のクリスマスに楽しめるおすすめスポット

シドニー

シドニー・クリスマス Sydney Christmas

シドニーの街中ではクリスマスイベントが多数開催されます。

ビジネス街に位置するマーティン・プレイスでは、シンボルのクリスマスツリーの下で子どもたちの聖歌隊によるコーラスのパフォーマンスが行われています。

また、ウェストフィールドが位置するピットストリートモールでは約8万個のLEDライトのイルミネーションを楽しむことができます。

イベント自体は無料のものが多いので、下記サイトで詳しくチェックして色々回ってみましょう。

●会場:シドニーの街中
●日時:クリスマス期間
●Web: 詳細はこちら

バラエティー・クリスマス・ウォーク(ラン) Variety Xmas Walk Sydney

クリスマス色の赤色を身に着けてウォーキングを楽しもうというイベントです。

子どもたちへの支援を行っている「Variety」という団体が主催しています。

病気や特別なサポートを必要とする子どもたちのための資金を集めること目的としており会場では、音楽やフェイス・ペインティングなどを楽しむことができるイベントブースも設置されます。

●会場:Pyrmont Bay Park , Pyrmont
●日時:12月3日(日)8:30AM~
●料金:大人$35、コンセッション$25、子ども$15
●Web: イベント詳細はこちら

メルボルン

キャロルズ・バイ・キャンドルライト
Carols by Candlelight

キャンドル・ライトを持ち、クリスマス・キャロルの演奏と共に皆で歌う人気のチャリティー・イベント。

80年以上続いている歴史あるイベントで、メルボルン以外の各都市でも開催されますが、メルボルンのイベントが最大規模になります。

●会場:Sidney Myer Music Bowl
●日時:12月24日(日)8PM
●料金:大人$77.87、子ども/コンセッション$47.28
●Web: イベント詳細はこちら

ブールバード・ライト Boulevard Lights

メルボルン北郊アイバンボー地区の住人による家々のクリスマスのイルミネーション。

メルボルンでも特にデコレーションで有名な地区で、1950年代から続く歴史あるイベントになります。

●会場:183/257 The Blvd, Ivanhoe East VIC 3079
●日時:クリスマス期間
●Web:イベント詳細はこちら

ゴールドコースト

サーファーズ・パラダイス・キャロル・オン・ザ・ビーチ Surfers Paradise Carols on the Beach

毎年恒例、サーファーズ・パラダイスのビーチで開催される、ゴールドコースト最大のクリスマス・キャロルのイベント。

ミュージシャンやダンサーのパフォーマンスやクライマックスのライト・アップと花火などイベントが盛りだくさん。

●会場:Surfers Paradise Beach
●日時:12月23日(土)6:30PM~8PM
●Web: イベント詳細はこちら

クリスマス・イン・サーファーズ・パラダイス Christmas in Surfers Paradise

オーストラリアらしい真夏のクリスマスを体験するなら、カビル・モールで決まり。

カンガルーが描かれたサーフボード型のそりに乗ったサンタクロースと一緒に記念撮影もできる。通りは華やかにディスプレーされ、クリスマスの雰囲気をたっぷり味わえる。

●会場:Cavill Ave., Surfers Paradise
●日時:クリスマス期間
●Web: イベント詳細はこちら

ブロードビーチ・クリスマス・キャロル Broadbeach Christmas Carols

ブロードビーチのプラッテン・パークで開催されるクリスマス・キャロル。

午後3時から子ども向けロック・クライミングなどさまざまなアクティビティーが用意され、夕方6時からは歌手のマリナ・プライヤーや俳優のマーティン・クルーズなど豪華ゲストが登場するコンサートも。

フィナーレの打ち上げ花火で盛り上がろう。

●会場:Pratten Park, Broadbeach
●日時:詳しくはイベントサイトをご覧ください
●Web: イベント詳細はこちら

クリスマス・ライト・コンペティション Christmas Lights Competition

市が主催するイルミネーションのコンテスト。それぞれの家が趣向を凝らして家や庭を飾って競い合う。

期間中はウェブサイト「Yahoo!7」(Web: au.news.yahoo.com/qld)から一般投票ができ、12月18~24日の毎晩、上位ランキングのイルミネーションを見学できるバス・ツアーも開催されます(詳細は決まり次第ウェブサイトで公開)。

●会場:ゴールドコースト各所
●日時:12月4日(月)~24日(日)7PM~10PM
●Web:投票はこちらから

ブリスベン

クリスマス・パレード Christmas Parade presented by David Jones

市内クイーン・ストリートを中心に、夜間に行われる伝統的なファミリー・イベント。

パフォーマーやダンサー、サンタクロース、トナカイなどのパレードや、さまざまなパフォーマンスが繰り広げられる。

●会場:Queen Street Mall – King s5George Square, Brisbane
●日時:12 月15日( 金)~24日(日)※時間は決まり次第ウェブサイトなどで公開 ●Web: イベントの様子

ゴールド・ロト・シティー・ホール・ライト Gold Lotto City Hall Light

12月8~24日の毎晩深夜12時まで、15分ごとに市庁舎の建物にプロジェクション・マッピングを投影するイベント。

まるで魔法の光に包まれるような、幻想的な光景を見に行こう。

●会場:King George Square, Ann St., Brisbane
●日時:12月8日(金)~24日(日)※0AMまで15分ごとに開催
●Web:イベント詳細こちら

まとめ

柴犬くん
柴犬くん
オーストラリアのクリスマスも日本とまた違って楽しそうだワン!
知恵袋先生
知恵袋先生
この記事は面白そうなクリスマスイベントがあれば随時更新していくので情報提供などもお待ちしております~!

オーストラリアのクリスマスは日本と一風変わっていて、いろいろと楽しむことができます。

せっかくオーストラリアでクリスマスを迎えるならオーストラリア式の文化を楽しんでみましょう。