カテゴリー
オーストラリア

オーストラリアでの海外在留届けの出し方2020年版

[chat face=”dog.png” name=”柴犬くん” align=”left” border=”yellow” bg=”none” style=”maru”]海外在留届けを出すように言われたけどよく分からないワン…[/chat]

[chat face=”roo.png” name=”知恵袋先生” align=”right” border=”yellow” bg=”none” style=”maru”]初めての海外滞在だと良く分かりませんよね。早速見てみましょう。[/chat]

オーストラリアのワーホリや留学の情報を調べているとなんとなく耳にする「在留届け」実際なんのことかよくわからない人のために今回はオーストラリアでの在留届けの出し方を紹介していきます。

【オーストラリア留学、ワーホリの準備リスト】失敗しない&節約できる準備マニュアル2020年版

在留届けってなに?

在留届とは、海外に住所または居所を決めて三ヶ月以上滞在する場合において、現地の大使館(領事館)に提出する書類のことです。

ワーキングホリデーや留学でオーストラリアへ滞在する人は必ず提出しなければいけない書類になります。

旅券法第十六条により、その地域を管轄する日本大使館または総領事館に速やかに在留届を提出することが義務付けられています。

在留届を提出することで、海外在留邦人が事件や事故、災害にあったと思われる際に日本国大使館が安否の確認、緊急連絡、救援活動等を行うことができます。

ひとつ注意点として在留届けは日本から事前に出すことはできません。

実際にオーストラリアで住居を定めてから提出する必要があります。

仮にホームステイ先など渡航後の住所が内定している場合でも提出できないためご注意ください。

難しそう、面倒くさそうに見えますが、申請方法は大きく分けて2つ。しかもとてもカンタン。早速申請方法を見ていきましょう。

申請方法1:現地の日本大使館、または総領事館にて申請

オーストラリア現地の日本大使館、または総領事館に行き、日本語で書かれた申請書類に必要事項を記入するだけです。

●在留届け提出に必要なもの
・パスポート
・日本の連絡先
・日本の運転免許証(できれば)

オーストラリアにある大使館・領事館

キャンベラ
シドニー
メルボルン
ブリスベン
ケアンズ
パース

意外なことに日本人の多いゴールドコーストにはないため、ブリスベンまで行きましょう。

▼在留届の詳細は下記のサイトをご参照下さい。

在留届について
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/
大使館・領事館リスト
http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/zaigai/list/oceania/australi.html
在留届用紙 (PDFファイル、ダウンロードに多少時間を要します。)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/image/zairyu.pdf

申請方法2:オンライン申請

もうひとつの申請方法はインターネットを使ったオンライン申請です。

まずは下記の ORRnet(Overseas Residential Registration の略) のページにアクセスします。

→ ORR net (インターネットによる在留届電子届出システム)
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/

こちらから画面の指示通りに進めていくと誰でもカンタンに申請できます。

まとめ

[chat face=”dog.png” name=”柴犬くん” align=”left” border=”yellow” bg=”none” style=”maru”]在留届けを出すの意外とカンタンだったワン![/chat]

[chat face=”roo.png” name=”知恵袋先生” align=”right” border=”yellow” bg=”none” style=”maru”]難しいと出す人が少なくなってしまいますからね…カンタンなので到着したら速やかに済ませましょう。[/chat]

・オーストラリアに住み始めてから提出する

・到着したらなるべく早めに出す

「オーストラリアでの海外在留届けの出し方2020年版」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です