知恵袋

オーストラリアでのUBER(ウーバー)の使い方・利用方法2018年版【1000円クーポンつき】

柴犬くん
柴犬くん
Uber(ウーバー)はタクシーより安くてカンタンだって聞いたけど本当だワン?
知恵袋先生
知恵袋先生
Uber(ウーバー)はかなり画期的なサービスだね!日本ではタクシー業界を守る規制のおかげで導入されていないけど、オーストラリアに来たならぜひ使ってみて欲しいサービスかな。

日本でも話題のUber(ウーバー)。

オーストラリアでは、シドニー、メルボルン、ブリスベン、アデレード、パース、キャンベラ、ゴールドコーストといった都市部を中心に広く利用されています。

実際にオーストラリアではタクシー利用者よりも、Uber(ウーバー)利用者が増えており、タクシー業界の脅威となっているくらいです。

実際に利用してみると安いし安全だし超便利です。

日本にいるとUber(ウーバー)を利用したことがない人も多いため、この記事では基本的なUber(ウーバー)の使い方や登録方法を2018年版の最新情報で紹介していきます。

・Uber(ウーバー)の登録方法や使い方
・最初の利用が安くなるクーポン情報

初回$10割引きクーポンコードはこちら▼▼

ckf3fu9mue

オーストラリアのUber(ウーバー)って安全なの?

留学知恵袋でUber(ウーバー)の利用を勧めると「安全ですか?」といった反応を頂くのですが、結論から言うと「超安全です。」

Uber(ウーバー)が安全な理由

・ドライバーが乗客に評価される仕組みのため、悪質ドライバーは淘汰される
・アプリ内で支払いされるため、車内でお金のやり取りがない
・忘れ物をした場合、ドライバー情報が分かるため、すぐに追跡できる

筆者は100回以上、Uber(ウーバー)を利用していますが、トラブルなどの経験は一切ありません。

むしろ、タクシーで支払いにクレジットカードを使用した際にデータをスキミングされて不正利用されることもあるため、アプリで支払いができるUber(ウーバー)は安心できるといえます。

オーストラリアのUber(ウーバー)のメリット

・とにかく安い
・事前にかかる金額がわかる
・行き先の説明を英語でしなくていい
・待ち時間が少ない
・接客がとても丁寧
・ドライバーの社会的地位が高い

とにかく安い

時間帯や道のりにもよりますが、Uber(ウーバー)はタクシーの20%~30%ほど安いです。

タクシーで3000円くらいの距離であれば2100円前後での走行が可能です。

事前にかかる金額がわかる

Uber(ウーバー)はアプリに行き先を入力して、その行き先に行くことができるドライバーが迎えにくる仕組みです。

その際に、アプリに行き先を入力すると大体かかる金額が事前に分かります。

タクシーに乗って、いくらくらいかかるんだろう…といった心配をすることなく利用できるのは大きなメリットといえるでしょう。

行き先の説明を英語でしなくていい

タクシーへ乗車する場合、行き先を英語で伝える必要がありますが、施設や道の名前は固有名詞で発音が独特なことが多く、英語に慣れていないと正しく伝えられないことが多いです。

Uber(ウーバー)の場合、アプリに行き先を入力するため、英語で説明する手間なく正確な行き先をドライバーへ伝えることができます。

待ち時間が少ない

Uber(ウーバー)はアプリで呼ぶと大体どのくらいでドライバーが来れるか時間が表示されます。

主要都市ではUber(ウーバー)はかなり浸透しているため、大体の場所では5分以内で呼ぶことが可能です。

もし、タクシーを所定位置まで呼ぶ場合、電話で英語を使って場所を説明し、大体15分ほど待つことになります。

道を走っているタクシーを止めるのにもタイミング次第では結構な時間を要することもあるため、Uber(ウーバー)は待ち時間を可視化して効率よく乗車することができます。

接客がとても丁寧

Uber(ウーバー)はドライバーと乗客が相互に評価する仕組みを取っているため、ドライバーは評価にさらされています。

良質なドライバーはより良質な乗客とマッチングしやすいため、タクシーよりもUber(ウーバー)ドライバーの方がカスタマーサービスの質がかなり高いです。

車内で水やチョコレート、ガムなどのサービスを独自に行っているドライバーも少なくなく、タクシーよりも気分の悪い思いをすることが少ないのも大きな特徴です。

ドライバーの社会的地位が高い

タクシーはドライバーという職業の人が運転手を務めるため、良くも悪くもドライバーです。

しかし、Uber(ウーバー)の場合は副業でやっている人が多く、IT企業に勤めているオーストラリア人やクリエイター、銀行員、主婦など様々なステータスの人たちが余暇を利用してドライバーをしています。

そのため、ドライバーとの会話でオーストラリアの思わぬ文化を知れることが大きなメリットです。

オーストラリアのUber(ウーバー)のデメリット

・アプリをインストールしないといけない
・スマホの充電・電波がないと利用できない
・ドライバーが道に詳しくない

アプリをインストールしないといけない

当たり前のことですが、アプリのサービスのため、アプリを事前にスマホに入れておくことが必須になります。

この記事を読んで、もし利用してみようと思った方はアプリを事前にインストールして設定しておきましょう。

スマホの充電・電波がないと利用できない

アプリがないと利用できないため、スマホの充電がなかったり、オーストラリアへ到着したばかりでネットが繋がっていない場合、利用できません。

スマホがないと地図や翻訳アプリも利用できないため、バッテリーチャージャーなどを持って行くと安心です。

ドライバーが道に詳しくない

Uber(ウーバー)はアプリに行き先を入れて、Uber(ウーバー)のアプリがドライバーに道順をナビゲーションして目的地へ向かいます。

そのため、突然の渋滞を裏道を使って回避することや、目的地の停車位置がドライバーが知っている気の利いた位置になる、といった道に関する細やかなサービスを受けられないことがあります。

といっても、オーストラリアのタクシードライバーのホスピタリティは本当に最低限レベルなので、良いドライバーでないと適当に対応されることが多いので、Uber(ウーバー)に限った話ではないかもしれません。

オーストラリアのUber(ウーバー)の登録方法

Uber(ウーバー)の登録方法はたったこれだけ。

Uber(ウーバー)登録の手順

  1. アプリをスマホに入れる
  2. 必要な情報を入力する
  3. クレジットカードを登録する

アプリをスマホに入れる

アプリストア、GoogleストアでUberのアプリを見つけてインストールしましょう。

必要な情報を入力する

名前、生年月日、パスワードなど、アプリの手順に沿って必要な情報を入力していきます。

クレジットカード情報を登録する

乗車賃支払いのためのクレジットカード情報を入力します。

これだけでUber(ウーバー)の事前設定は完了です。

オーストラリアのUber(ウーバー)使い方

Uber(ウーバー)の使い方の手順

  1. 行き先を入力する
  2. 時間指定する
  3. 車種を選ぶ
  4. 配車を待つ

行き先を入力する

目的地の住所や施設名を入力します。

時間指定する

時間指定をしたい場合は時間指定できます。

すぐに配車する場合は特に設定する必要はありません。

車種を選ぶ

Uberは全部で4種類の車を選べます。

それぞれのサービスの下に大体の金額が出てくるので選択します。

  • Uber Pool –
  • UberX – 普通の自家用車。利用するならこれが一番安い。
  • UberTaxi – ちゃんとタクシーとして登録されている車。UberXよりも高い。
  • Uber Black – 高級車。大体500万円、もしくはそれ以上の外車が多い。

UberXは登録が必要なく、誰でもドライバーになれるため料金が安いです。

Uber Poolは同じ方向の目的地の人と1台をシェアして乗る方法で2018年にサービス開始しました。

POOLを利用すればかなりお得に乗車することが可能です。

配車を待つ

車種を選ぶと到着までの時間と自分の待っているUber(ウーバー)の大体の位置を把握することができます。

まとめ

柴犬くん
柴犬くん
すごいお得だワン…!オーストラリアへ行く前にアプリを入れて設定してみるワン!
知恵袋先生
知恵袋先生
オーストラリアで生活している人にとってはかなり身近なサービスです。せっかくオーストラリア生活をするのであれば是非使ってみてください。

・オーストラリアでかなり普及しています。
・タクシーより安く乗れるので使わないと損です。

初回$10割引きクーポンコードはこちら▼▼

ckf3fu9mue

 

予算や都市が決まってなくても、LINEで気軽に相談OK!すでに決まっている条件だけお伝えください。わたしたちがおすすめのワーホリプラン、評判の高い留学エージェントをご紹介いたします!