留学準備

バックパッカーズホステルは安全?メリットデメリットまとめ2019年版

柴犬くん
柴犬くん
バックパッカーズホステルってなんか治安悪そうで怖いワン…
知恵袋先生
知恵袋先生
そんなことはないですよ!色々な国のバックパッカーと知り合える良い機会になります。

オーストラリアへワーホリ、留学する際の宿泊方法としてよく利用されるバックパッカーズホステル(ドミトリー)またはバッパーとも呼ばれます。

この記事ではバックパッカーズホステルについて紹介していきます。

オーストラリアへ宿泊するその他の情報についてはこちら▼▼

あわせて読みたい
オーストラリア最初に住むところまとめ2019日年版オーストラリアへ到着して最初に住む手段をまとめました。シェアハウス、バッパー、ホームステイから今流行りの滞在方法まで盛りだくさん!...

バックパッカーズホステル(ドミトリー)とは?

“Backpacker’s Hostel” の名前の由来は、「スーツケースを持たず、バックパックを背負って旅行するバックパッカーがよく使う宿泊施設」からきています。

2人部屋から6人部屋の相部屋形式でトイレやシャワー、キッチンも共同、宿泊費はシドニー市内で$25~$40(ホテルは$150程度)かなりお得に滞在できることが大きな特徴です。

バッパーのメリット

価格が安い

冒頭でも紹介しましたが宿泊費はシドニー市内のホテルの場合、時期により前後しますが大体$150のところがバックパッカーズホホステルの場合、大体$25~$40で宿泊することが可能です。

英語を話す機会が多い

バックパッカーズホステルを利用する層はオーストラリアへ来ている外国人の若者層がメインですがその中でもコミュニケーション好きが多いです。

そのため、様々な国の人たちと英語で話したり、ガイドブックに載っていないような現地の情報を得られたりすることが大きな魅力です。

現地の友達ができる

上記のように様々な国から来ている人たちと友達になることも。

一緒に海へ行ったり仕事を紹介してもらったりなどその後のオーストラリアライフに欠かせない出会いがそこにあるかもしれません。

短期宿泊や当日予約も可能

24時間予約対応をしてくれるバックパッカーズホステルもあります。空き室状況や施設によってはNGの場合も多いですが、フレキシブルに利用できることが大きなメリットです。

バッパーのデメリット

盗難の被害

不特定多数の様々な国の人々が出入りすることから、盗難の事件はしばしば発生します。スーツケースは鍵付きにし、お財布やスマホは肌身離さず持ち、寝る際にはベッドスペースへ持ち込むようにしましょう。

アメニティがない

場所によりますが、ホテルとは異なり歯ブラシなどのアメニティはありません。中にはバスタオルもないところもあるそうなので事前に確認するようにしましょう。

清潔感

部屋や設備は共同使用になるため、バッパーによってはあまりきれいではない所があることは事実です。事前にレビューサイトなどで評価を確認しておくと安心ですが、ホテルよりは確実にランクが下がるため、潔癖症の人はある程度覚悟をしておくと良いと思います。

まとめ

最初、泊まってみるまではどんなところかわからないため不安かもしれませんが泊まってみると意外と好評なバックパッカーズホステル。

しかし、清潔感や多国籍の人達との共同生活が合う人合わない人もいるため、もし合わないなと思ったらシェアハウスを探したり、Airbnb(エアビーアンドビー)で別の家を探したりしてなるべくストレスフリーな留学、ワーホリ生活にしましょう。

あわせて読みたい
オーストラリア滞在の味方!Airbnb(エアビーアンドビー)とは?オーストラリアへ渡航する際の滞在方法はホームステイやバッパーを勧められますが、Airbnbがおすすめです。本記事ではAirbnbについて紹介しています。...
あわせて読みたい
【オーストラリアでシェアハウス探し】賢い部屋探しからトラブル回避方法まで オーストラリアへ留学やワーキングホリデーでオーストラリアに滞在するなら、シェアハウスで暮らすのが一般的です。 滞在する街や...

予算や都市が決まってなくても、LINEで気軽に相談OK!すでに決まっている条件だけお伝えください。わたしたちがおすすめのワーホリプラン、評判の高い留学エージェントをご紹介いたします!