留学準備

語学学校へ行くメリットとデメリットってなに?

柴犬くん
柴犬くん
語学学校へ行くか行かないか迷ってるワン…
知恵袋先生
知恵袋先生
語学学校へは行くか行かないかは君次第だよ。

オーストラリアへワーホリをする際に考える語学学校へ行くか行かないか

もし行くとしてもどのくらいの期間行けばいいの?

この記事では語学学校へ行くメリットとデメリットを紹介していきます。

あわせて読みたい
オーストラリアの語学学校選びで失敗しない方法2019年版オーストラリアの語学学校選びで失敗しない方法を2018年版の最新情報で紹介しています。...

語学学校へ行くメリット

まずは語学学校へ行くメリットですが、こんなものが挙げられます。

・英語が伸びやすい

・新しい出会いがある

・自信がつく

・仕事が見つかることがある

それでは早速見ていきましょう。

英語が伸びやすい

まず前提として、年間程度のワーキングホリデーではペラペラに話せるようになることは難しいです。

しかし、英語で英語を学ぶ授業を受けられるため、しっかりと受ける姿勢があればそれなりに伸びていきます。

オーストラリアの授業は日本の授業とは異なり、アウトプットの機会(話す機会)が非常に多いです。それは、人間自分が話せない単語や表現は聞き取れないため、まず話させることに重きを置いています。

また、人は得するよりも損したくない性質を持っているため、高い授業料を支払うことで独学で勉強するよりモチベーションを維持しやすくなります。

伸びやすい環境を手に入れられることが大きなメリットですね。

新しい出会いがある

語学学校へ行くと日本からはもちろん、様々な英語を母国語としない人たちが来ています。

そのため、オーストラリアで日本人以外の友達を作りやすいことが大きな特徴です。

オーストラリアへ来ると右も左も分からない上に独りぼっち、さらにカルチャーショックも加わり、ホームシックになる人も少なくありません。

語学学校へ行くことで最初の段階で友達ができることは大きなメリットと言えそうです。

自信がつく

英語の基礎的な部分を固めることができるため、お店で買い物をしたり、友達と遊びに行ったりする分には英語に困らなくなることで現地で生活する自信がつきます。

また、最初に友達がたくさんできるためそういった心の安心からも自信がつきやすいです。

自信がつくと自分から英語をアグレッシブに使うことができます。そうすることでまた英語が伸びていくといプラスの連鎖に乗ることができるため、そういった面でもメリットがあると言えそうです。

仕事が見つかることがある

語学学校へ行かない場合、仕事を見つけるには求人にアタックしていくしかありません。

結果、ローカルジョブは難しく、日本の求人サイトを見てジャパレスで働くパターンも少なくないのが現状です。

しかし、語学学校でできた友人関係からローカルのカフェや、アジア人経営の回転寿司などで働くことができるケースがあります。

アジア人経営の回転寿司の場合、ジャパレスではありますが働いているのは日本人ではなく、韓国人、中国人、タイ人、インドネシア人などアジア人が多いため、もちろん英語です。

そういった形で英語環境の仕事を見つけることができるのもひとつの魅力でしょう。

語学留学へ行くデメリット

続いては語学学校のデメリット。留学知恵袋ではもちろんデメリットの面とその対応策も紹介していきます。

・費用が高い

・日本人同士つるむ

・独りぼっちになることも

費用が高い

語学学校へ通うためには月に10万円以上の費用が掛かります。

それを高いと感じることは「その金額に見合う英語力が身につかなかった」ということです。

つまりコスパの話なんですが、これに関しては本当に自分次第というのが正直なところです。

語学学校へ行って伸びなかった人は、恐らく独学で勉強しても伸びなかったでしょう。

自身の英語力を伸ばすためにどこまでコミットすることができるのか。

その姿勢が大切になります。

日本人同士とつるむ

語学学校は英語のレベルでクラス分けされる場合がほとんどです。その場合、日本人が英語ができない人が多いため下の方のクラスに配属されることが多いです。

そのため、クラス内の日本人の割合が多くなり結果日本人の友達ばかりとつるむことになります。

しかし、それは間違いという訳ではありません。実際にほかの国のアジア人たちは同じアジア人同士で交流しています。オーストラリアには中華街はもちろん、タイ人街、韓国人街などありますが、日本人街はかなり少ない方です。

同じ母国の環境を知っていながらオーストラリアへ挑戦に来た友人は一生の友達になることも少なくありません。

独りぼっちになることも

オーストラリアという知人も少ない土地で、慣れない言語を使って生活しなければならないといことは想像以上に大変なことです。

特に英語があまり得意でない状態で来てしまうと最初のコミュニケーションの部分に苦労し、あまり友達を作りにくい人もいます。

英語が話せなくてもノリでコミュニケーションを取れる場合は問題ありませんが、そうでない場合は挨拶だけは明るくこなすようにしましょう。

挨拶、自己紹介、質問の3つのパターンをまずは覚えて、そこだけはしっかりと行うようにしていると少しずつ打ち解けてきますし、その間に自信の英語力を向上させることができます。

自信のない人はまずは挨拶をしっかりと行うようにしましょう。

まとめ

柴犬くん
柴犬くん
語学学校へ行くとメリットデメリットがあるワンね~
知恵袋先生
知恵袋先生
基本的には予算に余裕があれば行かないよりは行った方がオーストラリア生活を充実させやすいね。

あなたにおすすめの語学学校を知りたい人はこちら▼▼

あわせて読みたい
留学知恵袋|お問合せ まずは調べてみましょう 留学知恵袋は留学・ワーホリのための情報サイトです。 いつもたくさんの留学、ワーホリをしたい人たちから...

 

LINE@で無料相談♪

留学知恵袋は騙されてしまう人を減らし、なるべく自分自身の力で準備できるような情報を紹介しています。

留学経験のあるスタッフがLINEで対応させて頂きますのでお気軽にご連絡ください。

LINE@友達追加