• banner
  • banner
  • banner
渡航後にやること

オーストラリアの銀行の選び方と開設方法ガイド

「オーストラリアの銀行って英語だし何だか難しそう」

ワーホリ、留学でオーストラリアに中長期滞在する場合、現地の銀行口座が必要になります。

オーストラリアの銀行口座は日本からの送金や現地の給料の振込先、または持ち込んだお金を安全に管理するために利用することができます。

この記事ではワーホリ、留学の人が使う際におすすめの銀行や選び方、開設方法について紹介していきます。

・オーストラリアでおすすめの銀行
・選び方の基準やかかる費用などについて
・銀行口座の開設方法

留学知恵袋はワーキングホリデーや留学の準備で失敗しないための情報をまとめたポータルサイトです。

留学エージェント(斡旋会社)をLINEでまとめて探すことができます。

いろいろな会社を比較してしっかりと選びましょう!

比較してみる

オーストラリアの銀行は日本より便利

オーストラリアの銀行は日本の銀行よりも金利が良いなど様々な良い点がありますが、ワーホリ、留学の際に利用する場合は以下の3つが便利な点になると思います。

日本の銀行より良い点
  • ATMや振り込み手数料が無料
  • インターネットバンキングが優秀
  • EFTPOSが便利

ひとつずつ簡単に解説していきますね。

ATMや振り込み手数料がかからない

日本でも銀行のATMへ行けば手数料はかかりませんが、基本的にコンビニなど街中のATMでは手数料がかかることがほとんどです。

しかし、オーストラリアの銀行は街中のATMも含め、全て手数料無料で利用することができます。

オンラインであれば振り込み手数料も無料なので、友人間の送金も気軽に行うことができます。

インターネットバンキングが優秀

オーストラリアの銀行のインターネットバンキングはめちゃくちゃ優秀です。

まず、オーストラリアの銀行には紙の通帳がありません。

インターネットバンキングへ申し込むとスマホやPCでいつでも預金残高や口座の情報を確認することができます。

とくにスマホアプリはとても優秀で、友達との飲み会の割り勘などで日本では現金で割り勘や〇〇PAYなどのサービスで送金を行いますが、オーストラリアでは銀行のアプリひとつで完結することができます。

EFTPOSが死ぬほど便利

オーストラリアは日本よりひと足早くキャッシュレス化が進んでいましたが、その理由のひとつに「EFTPOS(エフトポス)」というものがあります。

EFTPOS(Electronic Funds Transfer at Point of Sales)とはキャッシュカードについている機能で銀行のキャッシュカードで支払いを行うと自分の銀行口座から直接代金を支払うことができます。

基本的に手数料などはかからず、大きなお店はもちろん、個人のカフェなどでも幅広く導入されており、現金を持ち歩く必要性が日本以上にありません。

現金をたくさん持ち歩くとカツアゲや盗難の被害額が大きくなるので、オーストラリア生活をする際にはなるべくキャッシュレスを意識してみると新しい時代も感じられて良いかもしれません。

オーストラリア4大銀行-BIG4-

オーストラリアにも日本と同様、大手銀行というものが存在します。

ワーホリや留学の短期滞在の場合、大手銀行でまず間違いないです。

ANZ銀行

ANZ銀行(オーストラリア・ニュージーランド銀行)は名前の通りオーストラリアとニュージーランドを中心に世界30以上の国と地域で業務展開している銀行です。

日本にも支店を持っていることや、日本語を話すスタッフが常勤する支店もあることから、日本からのワーキングホリデーや留学生の多くに利用されています。

また、オーストラリアの銀行よりいち早くアップルペイ(アイフォンでクレジットカードを使える機能)を導入するなど、流行りに強いのも大きな特徴です。

コモンウェルス銀行

Image result for commonwealth bank of australia

コモンウェルス銀行は1911年に政府銀行として設立しましたが、1991年に民営化が始まり、1996年には政府保有の株式が放出され完全民営化されました。そのため、オーストラリア証券取引所(ASX)上場企業の中で時価総額が最大の会社です。

ウエストパック銀行

Image result for Westpac Bank

ウエストパック銀行はオーストラリアで最も長い歴史を持つ銀行です。1817年に Bank of New South Walesとして設立され、1982年からWestpac銀行と呼ばれるようになりました。2015年時点での資産規模でオーストラリア国内第2位、ニュージーランドでも2番目に大きな銀行です。

NAB銀行

Image result for national australia bank

National Australia Bank(NAB)は資産規模ではオーストラリア最大の銀行(2018年)です。学生に限らず誰でも普通預金口座の口座維持手数料がかからないため人気のある銀行です。

以上4つがオーストラリア4大銀行で通称「BIG4」と呼ばれています。

口座の維持費を比較して銀行を決めよう

ワーホリや留学などの中長期滞在の際に一番重要視するべきなのは金利ではなく「口座の維持費」です。(多額の資金を入金する場合は金利の方が良いですが、数千万円〜の話です)

まず、日本の銀行は口座の維持費がかからないところがほとんどですが、オーストラリアの銀行はATMの手数料などが無料の代わりに維持費がかかる銀行がいくつかあります。

しかし、ANZは学生ビザ、または25歳以下の場合は無料、ウェストパックは学生ビザの場合無料、NABは無条件に無料で口座を維持することができます。

そのため、多くのワーホリ、留学生におすすめの銀行は「NAB」です。

ATMの数や支店数は主要都市内であればあまり差はないため、あまり気にしなくてもいいポイントです。

日本語対応スタッフにお願いしたい場合

場所が限定されますが、ANZ銀行では以下の支店に日本語対応スタッフが常駐しているため、英語に自信のない人にはおすすめです。

  • ゴールドコーストのサーファーズパラダイス支店
  • ケアンズ支店

銀行口座開設に必要なもの

開設する銀行を決めたら銀行口座を開設しましょう。

1.パスポート

2.住所(シェアハウスかエージェント)

3.電話番号

4.預けるための現金(デポジット)

5.学生証

パスポートや電話番号は良いですが、住所を決めておくことが重要になります。

申し込んだ銀行のカードや明細書がその住所へ届くことになるためまずは家を決めてから銀行口座を開設しましょう。

留学エージェントを利用している場合はそちらの住所を借りることも一つの手です。

どうしても住所の用意が難しい場合は銀行でそのまま受け取ることも可能です。

オーストラリアでは郵便物が届かなかったり、シェアメイトの多いシェアハウスの場合郵便物が紛失したりすることがあるため、銀行での直接受け取りがおすすめです。

銀行口座開設の注意点

銀行口座の開設の流れの前にいくつか作る際の注意点を紹介していきます。

到着後、6週間以内に開設がベター

オーストラリアへ到着後、6週間以内に銀行へ行き、口座を開設しましょう(2019年現在

それ以降は提出する書類が増える場合があります。しかし、開設時の銀行員や支店によって必要な場合と必要ではない場合があります。

オーストラリアらしい適当さですが…(笑)

なるべく6週間以内に終わらせておくことをおすすめします。

英語のフレーズを用意していこう

慣れない海外で銀行員と英語でやり取りするのは不安かもしれませんが、オーストラリアは移民の国なので英語がカタコトの方の対応もしっかりと行ってくれます。

どうしても話すこと、聞き取ることに不安のある方はフレーズをメモして見せながら進めるとスムーズなので事前に用意してからいきましょう。

分からないときは聞き取れないときは「Pardon?」などで繰り返してもらいましょう。

スマホの翻訳を使いながら単語を検索しても大丈夫です。

オーストラリアの銀行には通帳がない?

日本と異なり、銀行の通帳もなければ印鑑もありません。

カードのみというキャッシュレス社会になっています。

インターネットバンキングというサービスでオンライン上で銀行の残高を確認したり、誰かへ送金できたりするようになっています。

パソコンからだけでなく、スマホのアプリもとても便利なのでアプリをインストールして使ってみましょう。

カードの受け取り方法は銀行受け取りにしましょう

銀行口座開設の手続き後、通常2週間程度でカードが作られます。

受け取り方法は通常であれば、登録先の住所へ届くのですが、シェアハウスの場合シェアメイトが誤って捨てたり、違う住所に届いたりするリスクがあります。

そのため、銀行で直接受け取りする方法を選びましょう。

オーストラリアの銀行の用語

このくらいは最低限覚えておくと安心です。

普通口座=Saving Account
口座手数料=Account Fee
口座番号=Account Number
暗証番号=Pin Number
預入=Deposit
引き出し=Withdraw
取引=Transaction

オーストラリアの銀行を選ぶなら

年齢制限やビザの制限がなく口座維持費がかからないNABがおすすめです。

・NAB銀行がおすすめ
・日本語対応希望の場合はANZ銀行もおすすめ