オーストラリア

オーストラリアで美容師として働くために必要なこと2019年版

柴犬くん
柴犬くん
オーストラリアでワーホリで美容師が良いって聞くけど実際のところどうなんだワン?
知恵袋先生
知恵袋先生
良い悪いはどんな目的をもって、どこのサロンで働くかによって大きく変わります

オーストラリアではたくさんの日本人美容師が活躍しており、日本スタイルのヘアサロンも数多く存在しています。

主な理由としては

  1. オーストラリアは最低賃金が高く日本より稼ぎやすい
  2. 日本人経営のサロンの増加
  3. 日本での経験がそこまでなくても働けるケースが多い

といった点が挙げられますが、実際のところどうなのでしょうか?

・オーストラリアで美容師として働くのは実際どうなのか

この記事ではオーストラリアの美容師事情について紹介していきます。

オーストラリアの美容師事情

オーストラリアは多民族国家でオーストラリア生まれの白人だけでなく、アジア人やインド人など様々な人種の人々が生活しています。

そのため、美容室へ来るお客様も多様な人種、様々な髪質・要望があることが多く、そういった様々な国籍のニーズに応えるために、様々な国出身の人が経営されているサロンが存在してます。

そんな中、日本人経営のヘアサロンも多く存在しており、シドニーやメルボルンなどの主要都市の場合、数えきれないほどの日本人経営のサロンがあります。

それだけ、日本式のサービスの需要が高まっていると言えます。

日本とオーストラリアの美容室の文化の違い

まず、美容室の価格帯ですが、$10カットと呼ばれる激安カット店から高級店が存在しており、価格面は日本とそこまで違いはありません。

しかし、カット3000円~5000円の中間層をターゲットとしたサロンでは日本では細かいサービスが付随してくるケースがほとんどですが、オーストラリアではサービスが別料金、付いていてもクオリティが高くないことが多く、ヘアカット以外のサービスの質の部分に大きな違いがあります。

また、それ以外にも細かい違いがあり、

・パーマは基本的にストレートパーマ
・西洋人にパーマは需要がない
・お客さんが予約をしても時間通りに来ない
・その間、別のお客さんが来た場合対応してしまう
・予約をしても待たされるが気にせず待つ
・荷物を預からず床に置くサロンがある

日本のサロンの当たり前がアメージングだと取られることも多いです。

オーストラリア人経営の美容室はシャンプー料金別で選択しない人が多いため、日本人経営のサロンへ行き、きめ細やかな接客にシャンプー無料で簡易ヘッドスパがついていることに感動するオーストラリア人は少なくないようです。

日本とオーストラリアの美容室の技術の違い

TONI&GUYはイギリス発の美容サロンの大手チェーンです。

現在はTONI&GUYブランドの整髪料が近所の薬局で並んでいるほど大手企業となっており、上の動画のようなヘアスタイルのトレンドを配信しています。

こちらの動画を見れば必要とされる知識や技術の違いが英語がわからなくてもなんとなく分かります。

また、美容サロンで必要な英語表現も詰まっているので一度見てみてください。

オーストラリアで美容師として働くメリット

オーストラリアで美容師として働くメリットは日本より給料が良くて労働環境が楽、それでいて英語が身に着くことです。

・給料が良い

・英語が身に着く

・ワークライフバランスが良い

・資格がいらない

給料が良い

正直大切な要素のひとつですよね。

まず、前提としてオーストラリアは最低賃金が高く、ほとんどの職業の給料が日本よりも高いです。

美容師も例外ではなく、日本である程度経験を積んでいれば月40万円は難しくありません。

経験が少ない、または未経験の場合でも時給1200円以上は堅く(違法賃金ですが)日本より良い環境で働くことができます。

お客さんがお金を持っているため、日本よりも指名売り上げで100万以上を狙うことはそこまで難しくありません。

英語が身に着く

こちらも大きなメリットですね。

今後日本では若者が減り、高齢化が進んでいるのは周知の通りですが、移民政策があり今後日本国内で外国人のお客様が増えていく傾向があります。

また、海外で働く経験は視野を広げ、今後の自分自身の可能性を無限に広げることにも繋がります。

1年程度ではお客様の細かな要望を聞き取るレベルはなかなか難しいですが、日常会話や、お客様を笑わせるトークをするための英語力であれば難しくありません。

海外の現場で生きた英語を学びながら働けることも大きなメリットです。

ワークライフバランスが良い

オーストラリアの美容室では掃除や片付けを営業中に行うお店がほとんどです。

そのため、営業終了後すぐに帰宅することができるため、19時には家いる、なんてこともざらではありません。

サロンにもよりますが、オーストラリア人経営のサロンは日曜休みのところが多く、週休2日も当たり前です。

休日はビーチでのんびり過ごして平日もそこそこ頑張る、それでいて給料は良い。そんなスローライフを送ることができます。

資格がいらない

オーストラリア人経営のサロンでは資格が必要なことがありますが、日本人経営、アジア人経営のサロンでは美容師の資格は必要なく働くことができます。

そのため、日本での美容師免許を持っている人はもちろん、持っていない人にもチャンスはあります。

オーストラリアで美容師として働く注意点

オーストラリアで美容師として働く注意点は英語力は最低限必要であり、文化の違いを受け入れる心の準備と実際の準備をしっかりと行うことです。

・英語力は最低限必要

・日本の技術がそのまま通用しない

・物価も高いので生活費もかかる

語学学校へ行かず、日本人のお客さんがメインのサロンで働き、出稼ぎ目的の場合は上記の注意はあまり必要ないかもしれません。

しかし、せっかくオーストラリアまで来て美容師をするのであれば、日本人経営のサロンで働く場合もある程度は英語で接客する必要のあるお客様が来店するお店で働くことをおすすめします。

様々な国のお客様を担当し、様々な文化を経験して、英語力を身に着けながら働くことが一番の醍醐味ではないかと思います。

オーストラリアで美容師として働く方法

求人サイトからサロンへ応募する方法が一般的です。

詳しくはこちらの記事をご覧下さい▼▼

【オーストラリアでの仕事】就職・移住について徹底解説2019年版オーストラリアの仕事事情や給与水準、仕事で必要な英語力や探し方など分かりやすくまとめて紹介しています。...

また、美容関係に強いエージェントを通して学校の手配などを一度に済ませてしまうのも手です。

興味のある人はこちらのラインまでお気軽にご連絡ください▼▼

ラインで聞いてみる

まとめ

柴犬くん
柴犬くん
オーストラリアで美容師…アリだワン…

・日本より給料が良くて労働環境が楽、それでいて英語が身に着く

英語力は最低限必要であり、文化の違いを受け入れる心の準備と実際の準備をしっかりと行いましょう

オーストラリアで美容師をしようと考えている場合、行くまでに日本でやれることはたくさんあります。

英語の勉強とオーストラリア現地のスタイルの勉強は最低限行い、最高のオーストラリア生活を切れるようにしましょう。