到着後やること

オーストラリアで良い仕事に就くための面接のコツ2019年版

柴犬くん
柴犬くん
ローカルの仕事へ挑戦したいけど面接が心配だワン…
知恵袋先生
知恵袋先生
今回は面接をばっちり攻略して良い仕事をゲットする方法を紹介しますね。

オーストラリアは働きながら生きた英語を学べることから、オーストラリアへ着いてからアルバイトをする人が多くいます。

しかし、英語がそんなに得意ではない場合、良い仕事をゲットすることは簡単ではありません。

実際に良い仕事をゲットできるかどうかは、人手が欲しい店にタイミング良く出会えるかです

この記事ではその少ない出会いを最大限増やす努力の方法と、実際に仕事に就くための面接のテクニックを紹介していきます。

あわせて読みたい
【オーストラリアで働く】求人情報を見つけるならここ!効率的な仕事の探し方のポイントオーストラリアで働きながら生きた英語を学ぶ。この記事ではオーストラリアでの仕事探しについて2018年版最新情報で紹介しています。...

レジュメ・履歴書を作る

まず初めに履歴書(レジュメ)を作成しなければなりません。

受かる履歴書の書き方についてはこちらで紹介いています▼▼

あわせて読みたい
オーストラリア式の履歴書・レジュメの書き方徹底攻略2019年版オーストラリア式の履歴書・レジュメの書き方を2018年版の最新情報で紹介しています。...

働くためにはタックスファイルナンバーというナンバーを取得する必要があります。

詳しい申請方法はこちらの記事をみてください▼▼

あわせて読みたい
【2018年度版】タックスファイルナンバー(TFN)の申請方法まとめ オーストラリアでは働く際に必要になるタックスファイルナンバー(TFN)。 留学エージェントを利用している場合はタッ...

面接へ申し込む

日本の場合は求人誌などに載っているお店へアポを取りますが、オーストラリアには求人誌は存在せず、インターネットで申し込むかお店へ履歴書(レジュメ)を直接持って行く2パターンになります。

WEBサイトで申し込む方法

オーストラリアには様々なクラシファイドという求人だけでなく、家探しや中古品の売買を個人間で行うことができる掲示板が利用されています。

ローカル向け(英語)のオンライン求人サイトには以下のようなものがあります。

この他、日系メディアのサイト内にある「クラシファイド(classified=広告)」の求人ページも便利です。

探し方はカンタンで、仕事(Job)の項目へ進み気になる求人へ連絡をしていくだけです。

直接お店へ履歴書(レジュメ)を配る方法

この方法が一番高確率でローカルジョブを手に入れることができます

ただ、気合いと根気が必要な作業になります。

履歴書(レジュメ)を渡す手順

1.お店のマネージャーか店長がいるか確認する
2.マネージャーへ履歴書(レジュメ)を渡す
3.後日連絡を待つ
4.連絡がない場合、アフターケアを入れる

特に4つ目の連絡がない場合、アフターケアを入れる

これの有無がチャンスを手にできるかできないかを大きく分けます。

通常、飲食店のマネージャーは忙しいです。また、少し大きなお店の場合連日面接のアポが来ることも珍しくありません。

そのため、マネージャーが目を通せていなかったり単に忘れていたりした場合、アフターケアの連絡を入れることで逃すはずだったチャンスを掴める可能性がぐっと上がります。

面接のコツ

ではいざ、面接!となった場合、一番大切なのは事前の準備です。

日本語での面接ならまだしも、英語での面接となった場合は事前にある程度模範解答を用意しておくことが重要になります。

マネージャーが気にする点

・しっかり働いてくれるか
・職場になじんでくれるか
・どのくらいの期間働けるか
・何ができるのか

基本的にマネージャーが気にすることはあなたがしっかり店で働けるかどうかです。

そのため飛んでくる質問は基本的にあなたに関しての質問がほとんど。

「Tell me about yourself」と聞かれて、自分の自己紹介や過去、どんな仕事をしていたのかを自己紹介できるように事前に英語の準備をしておきましょう。

あと日本人的なシャイな感じがあまり印象に良くないことがあります。

自分がシャイだなと思う人はシャイじゃない自分を演じる気持ちでトライしてみましょう。事前に練習しておくと本番ではわりとスムーズに話せるかもしれません。

また、働ける期間に関しては、なるべく長く申告した方が受かる可能性が高いです。

そのため、仕事探しの動き出しが早いと、結果的に働ける期間が長くなるため良い仕事が見つかることに繋がります。

よく聞かれる英語の質問

下記の質問には最低限英語で答えられるように準備しておけると安心です。

1. Tell me about yourself.
(あなたのことを教えてください。)

2. Why do you want this job?
(どうしてこの仕事をしたいと思いますか?)

3. Why do you want to work in ◯◯(国名)?
(なぜ、◯◯(国名)で働きたいと思いましたか?)

4. Why are you looking for a new job?
(なぜ新しい仕事を探していますか?)

5. Why should we hire you?
(どうしてあなたを雇わなければいけませんか?)

6. What do you consider to be your weaknesses/strengths?
(あなたの弱み/強みは何だとお考えですか?)

7. Where do you see yourself in five years?
(あなたの5年後はどこにあると思いますか?)

8. What was your biggest failure?
(一番大きな失敗は何ですか?)

9. How can you contribute to our company?
(我が社にどのように貢献できるとお考えですか?)

10. Do you have any questions for us?
(他に何か質問はありますか?)

面接の際に確認しておいた方が良いことは下記になります。

・週に何日働けるか
・給料日はいつになるか
・給料の支払いはキャッシュ(現金手渡し)か振り込みか
・初日の服装や支給品について
・ポジションはどこで働くのか

特にオーストラリアの場合は振り込みではなく、現金で給料を払いたい企業もあります。

現金でもらう場合、税金などの手続きが必要ない分楽ですが、最低賃金より下回る金額でのオファーが多いため、よく考えて承諾しましょう。

まとめ

柴犬くん
柴犬くん
なんとなく分かってきたワン…頑張るワン!
知恵袋先生
知恵袋先生
事前にある程度準備しておけば面接は問題なし!まずは面接まで持ち込むための行動をしっかりとしていこう!

・面接まで持ち込むところを頑張りましょう

・英語での自己紹介と質問への回答は事前に用意しておくと〇

・条件は自分に不利じゃないか確認をする

仕事の紹介が欲しい人のためにこんなサービスがあります▼▼

http://ryugaku-chiebukuro.com/prepare/support/

LINE@で無料相談♪

留学知恵袋は騙されてしまう人を減らし、なるべく自分自身の力で準備できるような情報を紹介しています。

留学経験のあるスタッフがLINEで対応させて頂きますのでお気軽にご連絡ください。

LINE@友達追加