到着後やること

オーストラリア式の履歴書・レジュメの書き方徹底攻略2019年版

柴犬くん
柴犬くん
よーし!オーストラリアで仕事を探すワン!履歴書を買ってくるワン!
知恵袋先生
知恵袋先生
オーストラリアに履歴書は売ってません(笑)自分でパソコンで作成する必要があるんですよ

仕事を探すとき、必要となるものが履歴書です。

オーストラリアではResume(以下レジュメ)やCV(Curriculum Vitae)などと呼ばれるものです。

しかしインターネットで履歴書の書き方を調べてみても古い情報やテンプレートばかり出てきてどれがいいのかよくわからない。

そもそもレジュメとCVって何?

この記事ではオーストラリア式の履歴書(レジュメ)の書き方を紹介していきます。

・オーストラリアの履歴書の書き方

オーストラリアでの仕事探しについてはこちらの記事▼▼

あわせて読みたい
【オーストラリアで働く】求人情報を見つけるならここ!効率的な仕事の探し方のポイントオーストラリアで働きながら生きた英語を学ぶ。この記事ではオーストラリアでの仕事探しについて2018年版最新情報で紹介しています。...

オーストラリアでの面接や採用されるコツはこちら▼▼

あわせて読みたい
オーストラリアで良い仕事に就くための面接のコツ2019年版オーストラリアの仕事探しの際の面接の攻略方法を2018年版で紹介しています。...

そもそもレジュメとCVって何?

レジュメとはアメリカ式の履歴書です。雇用する際、能力やスキル経験以外の要素から差別することがないように写真や生年月日などの個人情報を載せないことが一般的です。

一方でCVはイギリス式の履歴書です。Curriculum Vitaeの略称でありラテン語で直訳すると人生の航路という意味を持つように個人情報とほんどすべての学歴と職歴を書きます。

履歴書・レジュメとCVはどちらを使用するかは国によって違いますが、オーストラリアでは両方とも使用されているため特に気にする必要はありません。

オーストラリアの履歴書は日本のようにコンビニや文房具屋で売っているわけではなく、自分でワードやエクセルを使って一から作る必要があります。

印刷は学校や留学エージェント、図書館、Officeworksというお店などで行うことができるので最寄りの図書館やOfficeworksの場所も調べておきましょう。

通りやすい履歴書・レジュメの作り方

じゃあどうやって作ればいいの?

大切なことは採用者の気持ちを考えることです。

あなたが日本でレストランのマネージャーをやっていて日本語がカタコトの中国人の人が面接に来たとします。どういった基準で採用、不採用を決めますか?

受かるレジュメを作るために抑えるべき3つのポイント

・履歴書・レジュメのレイアウトはシンプルに
・自分の能力や経験がどのように仕事につながるのか
・自己紹介、向上心の高さ、やる気を盛大にアピールする

履歴書・レジュメのレイアウトはシンプルに

よく履歴書・レジュメを作る際についつい作り込んでしまう人がいますがそんな必要は全くありません。

枠線に囲まれた、シンプルな作りのものでも誰も気にしないのでここにあまり時間をかけず、見やすさを重視しましょう。

文字のフォントはNew RomanもしくはArialなどシンプルなものを選ぶと良いです。

おすすめの履歴書・レジュメのテンプレートはこちら▼▼

http://eigojin-au.com/mibaeresume-499

自分の能力や経験がどのように仕事につながるのか

あなたはすでに英語力で他の求職者とアドバンテージがあります。

つまり、自分の過去のアルバイトや職場、あるいは学校での経験や能力が今面接を受けている仕事でどのように役に立つのかを説明できた方が、採用される確率はぐんと伸びます。

例えばローカルのレストランのホールで働きたい場合、

飲食やカフェを日本でやっていた場合のストーリー作りは簡単ですが、そうではない場合、学生時代の短期間の経験でも良いので少し過大表現でもしっかりと伝えることが大切です。

オフィスワークのみの場合は「フォーマルな場へ出向く機会が多く、周りへ気を配るホスピタリティが鍛えられました。」など周りに気を配る必然性があったエピソードなどを盛り込むと採用率が上がります。

オーストラリアのレストランはヨーロッパ方式でお客様への気配りの必然性が高いため、印象良く周りへ気配りできる人は採用されやすいです。

自己紹介、向上心の高さ、やる気を盛大にアピールする

まず、日本人的な謙虚さはどこかへ置いておきましょう。

一番大切なのはやる気のアピールの仕方ですが、よく見る外国人の人が強い抑揚でプレゼンをしている姿を思い描いてください。

そのイメージであなたの経験や能力を元に、やる気があることを伝えられるように書きましょう。

自己紹介では自分はどんな人間なのか、日本で何をしていたのかなど自己紹介はわかりやすく、端的に書くことが大切です。

英文は人称代名詞を省略し動詞から書き始めましょう。

履歴書・レジュメに書く内容

オーストラリアの履歴書の形式はないと言ってもある程度書いた方が良い内容は決まっているため、しっかりと抑えていきましょう。

名前・連絡先など基本情報

名前、住所、電話番号、E-mailアドレス、ビザの種類と期限を書きます。

連絡先をしっかり書いてないとせっかくの面接のチャンスをみすみす逃すことになります。

名前は一番大きなフォントで目立つように書きましょう。

オーストラリアの住所の書き方はこちらの記事で詳しく紹介しています▼▼

あわせて読みたい
オーストラリアの住所の書き方と郵便局・ポストオフィス徹底ガイド2018年版オーストラリアの住所の書き方と郵便事情を2018年版最新情報で紹介しています。...

自己アピール

ここで履歴書を最後まで読んでもらうことができるのか、採用するかどうか決まるといっても過言ではありません。自分の経験や能力や性格がどのように仕事に関係していくのかなるべく印象に残るように、かつ簡潔に書いてください。

自分の能力や強み

重要な要素です。もし思いつかない人は無理やりで良いので箇条書きでリストアップしてみましょう。

6個以上でてきたら仕事との関連の高いものから書いていきましょう。

日本語が話せるということも立派な能力です。

学歴

最終学歴だけで十分です。

在学中はCurrent、学士号Bachelor、修士号Master、博士号Doctor、卒業見込み Apr1997-Mar2018(expected)というように書きます。

職歴

リスト形式で箇条書きで書き出しましょう。最新のものからさかのぼるようにして書きます。

たくさんある場合は自分が今回応募している職種に近いものをチョイスしましょう。

推薦者

日本ではまだあまりなじみがありませんが、前の職場の上司などを推薦者として紹介する必要があることがあります。

カフェやレストランなどではあまり必要ありませんが、オフィスワークなどでは必要になってくるケースがあります。

一般的に2~3人書きます。実際に連絡を取れる人に必ず確認を取ってから記載するようにしてください。

完成の前にチェックすること

・スペルミスや文法的ミスがないかどうか
・アメリカ英語とオーストラリア英語の単語を混合させていないか
・わかりづらい表現がないかどうか

基本的にWordやGoogle翻訳に入れればスペルミスやアメリカ英語の違いなどを洗い出してくれるのでそちらを使うと便利です。

まとめ

柴犬くん
柴犬くん
書き方の基本はなんとか分かったワン!
知恵袋先生
知恵袋先生
英語であること以外はそんなに難しくないから頑張って書いてみよう!

・シンプルにわかりやすく書く

・謙虚さは捨てて大胆にアピールする

・大事なのは履歴書・レジュメじゃなくて面接!

テンプレートをダウンロードしてそれに当てはめて書くのも簡単ですが自分でレイアウトを考えて等身大の英語力で履歴書を書いてみましょう。

そうすればきっと世界で一枚の素敵な履歴書を作ることができます。

面接と採用されるコツについてはこちらで紹介しています▼▼

あわせて読みたい
オーストラリアで良い仕事に就くための面接のコツ2019年版オーストラリアの仕事探しの際の面接の攻略方法を2018年版で紹介しています。...
LINE@で無料相談♪

留学知恵袋は騙されてしまう人を減らし、なるべく自分自身の力で準備できるような情報を紹介しています。

留学経験のあるスタッフがLINEで対応させて頂きますのでお気軽にご連絡ください。

LINE@友達追加