到着後やること

オーストラリアでお酒の資格「RSA」の取り方2019年版

柴犬くん
柴犬くん
Barで働いたらRSAとかいう資格を取ってきてって言われたワン
知恵袋先生
知恵袋先生
RSAはオーストラリアでお酒を取り扱うための資格になります。簡単に取ることができるので取得方法を紹介します。

オーストラリアの飲食店で働く際にお酒を取り扱う場合、必ずと言っていいほど必要なライセンス・RSA。

RSAは「Responsible Service of Alcohol」(責任のあるアルコールの提供)の略で、カフェ、レストラン、バーを含むほとんどの飲食店で働く際の必須条件となっています。

RSAを持っていない人が飲食店でアルコールを提供した場合、高額な罰金がとられてしまいます。そのため、面接を受ける際にRSAを持っているか、またはこれから取得できるかが重要な判断基準になります。

この記事では、そんなRSAの概要、種類から取り方までを紹介していきます。

RSAは州ごとに異なる資格

RSAは、オーストラリア全国で共通の資格というわけではなく、州ごとに異なる資格です

従って、一つの州でRSAを取得しても、別の州に移動した場合、所持しているRSAでは働けない場合があります。

そう言った場合は、その州のRSAを新しく取り直さなければなりません。

ケアンズ、ブリズベン、ゴールドコーストなどが位置するQueensland州、アデレードが位置するSouth Australia州、パースの位置するWestern Australia州、そしてNorthern Territory 州では同一の資格で働くことができます。

しかし、シドニーのあるNew South Wales州やメルボルンのあるVictoria州では、それぞれ独自のRSA資格が定められています。

RSAの取得方法

では早速RSAの取得方法を見ていきましょう。

① 資格学校でコース受講

https://cn.freeimages.com/photo/namibian-students-1465833

全体の流れ

1.コースを受講する

2.仮免許をもらう

3.郵便局で正式なRSAをもらう

ほとんどの資格学校で行われるのは、6時間程度の講習を受講し、1日RSAが取得できるコースです。

授業は講義+筆記試験という形になっていて、受講料は100ドル前後のものが多いです。

コースの厳しさは学校によります。

NSW 州のある資格学校で実際にRSAコースを受講しライセンスを取得したスタッフの話では、試験用紙に回答を書き込みながら授業を進めてくれる形式で、その日の受講者は全員合格だったそうです。

ネットの評価などを見て易しい学校をサーチして受講してみるといいかもしれません。

資格学校での取得は、講習終了後の手続きが重要です。

試験が終わるとその場で採点され、合否が決まります。

合格者にはメールで仮サーティフィケートが送られます。

しかし、これで安心してはいけません。

これはあくまでも仮の証明書(Interim Certificate)であり、正式なライセンスを取得するには、写真付きの証明カードを発行しなければなりません。

具体的な流れは、写真撮影のできる郵便局を予約し、上記のInterim Certificateをハードコピーでプリントアウトして持っていき、手続きをおこないます。

郵便局に行く際、仮サーティフィケイトの他に、身分証明書を持って行く必要があります

各証明書にはポイントがついており、合計が100ポイントとなるように複数の身分証明書を持って行く必要があります。

ポイント数一覧
パスポート 70ポイント
写真付学生証 25ポイント
国際免許証 25ポイント
銀行口座残高証明書 25ポイント
デビットカード 25ポイント
クレジットカード等 25ポイント

手続きが終わると、3週間程度で写真付きカードが届きます。

カードを手に入れたら、記載情報に間違いがないか確認したのち、大事に保管しましょう

飲食店の面接やアルバイト先から提示を求められた際に、このカードを持っていくようにしましょう。

② オンライン講座

https://cn.freeimages.com/photo/working-3-1570154

Queensland州、South Australia州、Western Australia州、Northern Territory州は、オンライン講習が可能です。

受講料も50ドル前後で、資格学校での講習と比べて格安となっています。オンラインで英語の説明を読んだ後、選択式の試験問題に合格すると、RSAが発行されます。

コース修了後にメールが届き、修了証が添付で送られてきます。オンライン受講の場合は資格学校のコースと違い、カードを発行する必要がなく、この修了証が証明書類となります。

したがって、この修了証をプリントアウトして、雇用主に提出しましょう。

英語力に自信のない方は、説明の読解に時間がかかるので、資格学校のコースの方が帰って短時間で済むかもしれません。

まとめ

柴犬くん
柴犬くん
これでお酒を扱う仕事ができるワン!/chat]

知恵袋先生
知恵袋先生

お酒を扱う仕事はお客様や職場での英語のコミュニケーションの回数も多いので生きた英語を学ぶことができますね!

・英語に自信のない人はコース受講する

・英語に自信のある人はオンライン受講でOK

・英語が苦手な人は受講がカンタンな所を探す

自分に最適な方法を選んで、RSAを取得して働きながら生きた英語を学びましょう。

LINE@で無料相談♪

留学知恵袋は騙されてしまう人を減らし、なるべく自分自身の力で準備できるような情報を紹介しています。

留学経験のあるスタッフがLINEで対応させて頂きますのでお気軽にご連絡ください。

LINE@友達追加